こんにちは^^




本日は自転車ネタは無しです。一応は自転車ブログなんですけどね^^; 


いやー、昨日のトロロッソホンダがやってくれました^^
f1.c530
画像引用元:ホンダHP

ガスリー選手が6位、ハートレー選手は惜しくもポイントならずの11位の結果でした。「なんだよ、たかが6位と11位かよ」と思われる方も多いと思いますが、現状のホンダPU(ハイブリッドエンジン)とトロロッソという小規模チームの力では最大限の結果なんですね。

5位まではレベルが違うメルセデス、フェラーリ、レッドブルが順当に並び、B(ミドル)クラスといわれるその他のチームの中での最上位だったわけなのです。ね、凄いでしょ^^;

来年は力のないルノー(それでもホンダより少し強力ですが)を捨てた、最速シャーシを持つレッドブルとホンダのタッグが実現するのですよねえ。昨年までの偽最速シャーシチームのマクラーレンと別れてホント正解でした。来年は優勝しちゃうかも!?と今から楽しみにしています^^

来年の話をすると鬼に笑われそうなので、この辺にしておきます。








話は変わって本日の本題です^^


我が家にはメダカがいます。以前の記事にも書きましたが昨秋に野良猫(と思われる)にやられ壊滅的な数に減ってしまいましたが、今年は稚魚も順調に育ちベランダの水場も賑やかです^^

このバケツには針子(生まれたばかり)から10mm未満のメダカがいます。
P1100365
数えたわけでは無いので正確ではないですが、多分200匹くらいが元気に泳いでいます。ちなみに水はグリーンウォーターと呼ばれる稚メダカにとって栄養満点の育成水にしています。なんで水が緑色だと栄養あるかというと植物プランクトンが発生しているためです。池の色なんかこんな感じですよね。

こちらのバケツは10mm以上になった稚メダカがいます。
P1100368
こちらは透明な水です。底に赤玉土を敷いてあるのと水草を多めにいれてあるのでグリーンウォーターにはならず透明を保っています。


で、成体(大人の)メダカが住んでいるのはうちの子どもたちが使っていたベビーバスです。

これは昨秋に下の軒下から引っ越してきたばかりの状態。
P1070621
透明だった水も今年のはじめには、すっかりグリーンウォーター化してました。
P1090036
こうなると餌やりの時くらいしかメダカの姿を見ることは出来ません。日中の太陽の光を浴びている時は浮かんで日光浴をしているのですが平日のその時間は私は居ないので、すれ違い生活です。
※餌をあまり食べない冬季だと、かえってこの状態のほうが良かったりもします


前置きが長くなりましたが台風のおかげ?で雨水がだいぶ溜まったので、このベビーバスを透明水な環境にリセットしました。
P1100375
1週間ほど水道水を寝かせて作ってあった育成水と雨水のブレンド水です(50%くらいかな)。

とりあえずダイソーで底に敷く赤玉土を買って来ました。
P1100361
中のメダカやヒメタニシは前に使っていたプランターに避難させてベビーバスも綺麗にしました。
P1100369
ここに赤玉土を流し込みます。2袋で3Lの容量です。
P1100371
水道水で細かい土の粒子を手で優しく揉み洗いします。
P1100373
濁った水は捨てて、何度も洗ってすすいだら赤玉土の準備完了です。
P1100374
最後は砂金採りみたいにベビーバスを揺すって綺麗にしました(腰が痛い^^;)

プランターにあったウィローモスを並べて飼育水を注いでいきます。
P1100363
ちゃんとモスを張り直さないといけませんが、それはまた次回ということにします^^

とりあえず少量を注いだのがこちら。
P1100376
ここに透明水のバケツの稚メダカや底の赤玉土を優しく流し入れました。水質を良くしてくれるバクテリア達もいっしょにお引越しです^^

プランターに避難していた親メダカも移動させます。
P1100377
まだ慣れない環境に集まって、ヒソヒソと会議をしているようです。
P1100378
「なんか、デカイのいるし」、親「上から見られて恥ずかしいんですけど」
(私の脳内では)そんな会話が聞こえて来ました^^;


水を足し水草を入れたら、とりあえずの完成です。
P1100381
まだ濁っていますが、時間と共に透明化していく筈です。



で、一晩過ぎた本日の朝の様子がこちら。
P1100405
水の濁りもすっかり収まり、綺麗な透明水となりました。慣れたのかメダカたちも元気で泳いでいるのが見て取れます。餌も元気いっぱい食べていました。
P1100402.01
暑さ対策として水を足し、すだれを半分掛けた後、朝の自転車通勤へレッツゴーです^^

ウィローモスを増量して生育したら、別水槽のミナミヌマエビ君達も連れて来ようと考えています。ちなみに今の状態だと生まれた稚エビが隠れる所が無く、メダカに食べられてしまいます。
P1090983
※こんなモスのジャングル状態がお好みなようですが・・・^^

ミナミヌマエビは水槽のお掃除屋さんでもあるので水質管理(残った餌やアオミドロを食べてくれるので)にはとても役立ちます。環境が整えばメダカとも同居できるので今年の秋くらいにはエビ君を迎え入れる状態にしたいと思います。

家族サービスと自転車整備だけでも時間が足りませんが少しずつ準備を進めていきます^^



本日はここらで終了です、それではまた^^)/



Powered by amaprop.net