こんばんは^^



まずは早朝に起きた北海道の地震で被災された方々に対して心よりお見舞い申し上げます。今後も余震が続く可能性もあるので、くれぐれもお気をつけ下さい。

また、西日本において豪雨や台風被害の復旧を頑張っている方々にも一日でも早い復旧が叶うことを心より願っています。


私は特に既存の宗教上の神々への信仰心などありませんが、こう何度も災害が続くと何かに試されているような気がしてしまいます。

ドラゴンボールの世界みたいに神龍呼んだらリセット出来るなんて現実にはありません。災害を経験し、残った我々人間が努力と忍耐で乗り越えるしかないと思います。



少しだけ東日本大震災の時の話しをします。

もう記憶も大分おぼろげになってしまいましたが、あの3月11日の地震の時間に私は自宅にいました。自宅にいた理由(休みだったのかなにか用事があったのかは)忘れました。

突然、ドンッ!!という揺れと建物のギシッっていうかミシっていう音が響き、まるで永遠に続くような揺れの中で「ヤバイヤバイ」と声を出しながらあの大地震を経験しました。

長いこと揺れが続く中、段々と揺れや恐怖にたいして麻痺してくると窓を開けて周囲を見渡しました。近くに見える広場には人々が集まり、電信柱は折れんばかりに揺れていました。

ようやく揺れがおさまると私は仕事場、嫁は子供の学校などに連絡をしようとしましたが当たり前のように電話は機能しませんでした。

余震は続いていて油断する暇も無かったです。おかげ様というべきかは分かりませんが、我が家には大きな被害も無く(といっても外壁の損傷や食器を含む棚のものが落下して後片付けは大変でしたが)無事に地震をやり過ごすことが出来ました。


あの東日本大震災で私が一番困ったのは計画停電でした。電気が無いのがこんなに不便だったと心から思わされました。

電気が止まっているため、なんの情報手段も無い状態で、ただ停電の時間の終わりを待つのは本当に辛かったです。また、私の自宅は計画停電の地区の境めだったため向こうに見える明かりが羨ましくもありました。

乾電池や非常灯も売れきれていて困りました。自宅にあった懐中電灯に必要な単一電池はどこにも無かったです。あちこち探し回ってようやく見つけたことを思い出します。そのため今では乾電池アダプターは常備するようになりました


先程、帰宅してからニュースを見ていますが、明日朝7時までに道内の3分の一の世帯には電気が復旧するということを知りました。充分な電気が行き渡るには1週間ほどかかるということもです。

政府や電力会社には、何故ひとつの発電所に頼る現状を放置していたのかと憤慨しています。東日本大震災の経験は何だったのか。これじゃリスクコントロールもヘッタクレもありゃしませんね。メディアや有識者も原発に対する非難や攻撃だけではなく、どうしてこういう基本的なインフラの問題点を指摘出来なかったのかとも思います。

関係者の今後の復旧にネガになるような意見はこの辺にしておきますが、一刻も早いインフラの復旧を期待要望願います。


私の母の生まれは福島県、あの原発のすぐ近くです。震災時にようやく親類に連絡がとれたのもかなり時間が経ったころでした。

今回の被災にあわれた方は今頃、不安な時を過ごしていると思います。自分の経験から言わせてもらえば、テレビやラジオなどのメディアは変に自粛せず少しでも元気になるような情報を届けてもらいたいと思います。

現実を知るのも重要ですが、気晴らしになるものも必要だと思います。

今日はブログ更新するつもりはありませんでしたが、少しでも暇つぶしというか気を紛らわせればと思いアップしました。こんな微細なブログで書いても届くかどうかは分かりませんですが。


最後になりますが、こんな時こそ自転車は役に立つと思います。

広大な北海道で自動車やオートバイに比べて普段の生活での自転車の使用頻度は少ないかも知れませんが、きちんと整備された自転車なら100kmくらいなら移動手段となるはずです。

東日本大震災の時には台湾のジャイアントの社長がいち早く支援に動いたように、国内のメーカーさん達も何らかの動きがあるのを期待しています。


思いますとか願いますとか、自分自身でも言葉が軽く感じるような駄文で申し訳ありませんが、今後の余震への警戒を忘れずご無事でいられることを心の底から本当に願っています。明日は神社に寄って八百万の神々様にも祈ります。


マジで元気で明日をお迎え下さい。終わります。



Powered by amaprop.net