こんにちは^^



本日は各車両のオイルアップな一日でした。今週は雨が多かったので「やばいかなあ」と危惧してましたが案の定うっすらとした錆を発見してしまいました^^;

長男のビアンキロードのスプロケにうすら錆が発生。
P1150581 (2)
KM-001を多めに噴霧してウエスで拭き上げたのが、この状態。錆は無くなりましたがオイルは残ってしまいましたね。明日また清掃するとしましょう。

FSC F90のメッキは良い感じ。まだ新しいですしね^^ 久しぶりの夜間走行となりましたが相変わらず調子の良い状態でした。
P1150581 (6)
帰宅の途中で2台のクロスバイクとプチ競争となりましたが、やっぱりロードは速度維持が楽ですね。逆風時では特にです。疲れないくらいのペースで帰宅路をしばらく引っ張っていってあげました。途中で抜こうとしたけど諦めたみたいでした。










話は変わって昨晩、帰宅すると娘が話しがあるとのこと。話を聞いてみると自宅のPCが動かなくなったらしい。PCを起動しようとするが確かにうんともすんとも言わない状態でした。

「明日、ちゃんと見てみるよ^^」

と言って動作確認は翌日(本日)に持ち越しとなりました。


で、朝になってからPCの不調をトラブルシュートしてみるが、どうやら電源かマザーボード(以下M/B)が壊れている感じでした。ケースのスイッチの配線をM/Bから外しドライバーでピンを短絡してみると一瞬だけCPUファンが動く。一瞬だけ。

電源のファンは回り続けているのを確認した後、電源に耳を澄ましても微妙なノイズと言うか電子機器特有の音は感じられませんでした。

とりあえず自分の部屋のPC系のジャンク箱をあさってみるとわりといい状態の520Wな電源を見つけました(自転車に限らず捨てられない症候群なんですよね^^;)。

自宅PCM/Bに刺さっているビデオカードや各種カードを全部抜き、HDDや配線などを取り除いて起動最小限の状態にして、新たな電源のコネクターを入れ替えてみました(まだ既存の電源は外していません)。

この状態のままビデオカードだけ刺してドライバーでスイッチのピンを短絡してみると無事にCPUファンは回り続け、BIOSも正常に起動しました。隣で娘が見ていたので
「この部品(電源)が悪かったんだね^^」
と言いましたが、実は心の中では・・・。

「マザボが壊れたら壊れたでPC環境を全部変えられたのになあ」
って感じの本音がありました。

使えるものの更新にはなかなか予算の承認が得られないのですよね、我が家では^^;


というわけでチャッチャと電源交換をして自宅PC は復旧いたしました。ついでにと言ってはなんですが掃除機やブロワーなど使って徹底的にホコリや汚れも除去いたしました。


自宅PCもそろそろちゃんとしないとなあと思っています。OSはwindows7の32bit、HDDは3T、CPUはAMD Pheom2、メモリーは4G(使い切れていない)って感じです。

64bit版の7も持っているのでOSを入れ替えても良いのですが、現在の環境でもサクサク動くから困りもんです^^;

思想信条的にintelはありえないので次もAMD環境ですかね(ノートやモバイルは別)。最近AMDも良い感じらしいですしね。

OSも次どうするかなあ。7もあと1年ちょっとだし、10も一度は入れてみたものの使えなくてアンイストールしたんですよね。PC用のOSなんてWIN2000のユーザーフェイスで充分だろって感じ。

思えば2000時代が一番楽しかったなあ^^ 堅牢かつ爆速(当時の基準です)で。CPUもオーバークロックに夢中でしたね。AthlonMPとか良かったよなあ^^;


なんてことを思い出した今回の自宅PC トラブルでした^^










今回の北海道での地震では自動車から電源を取り、スマホや家電製品などを稼働して凌いだというニュースを多く見ました。

自動車をお持ちの方は非常時用にそうした電源をとれるものを用意したほうが良いかもですね。ちなみに我が家にはDC12VからAC100W の(逆のもあります)コンバーターを所持しています。

最近の自動車なら標準で装備していますが、少し前の車両にもそうした製品はありますので用意しておくのも悪くないと思います。

あとこれも持っています。
こいつがあるとバケツに貯めた雨水を使ってシャワーできます。庭の手入れや水槽用に購入したのですが、非常時には別の意味で色々と役立ちそうです。


前回も書きましたが「対岸の火事」と思わず、自らの自衛準備を進めることが大事ですね^^




本日はここらで終了です、それではまた^^)/






Powered by amaprop.net