こんにちは^^



関東はもうすぐ台風24号が来るようです。万全な事前準備をと心がけても、気が付かない不備はあるかもしれません。皆様、心の底からご無事にお気をつけ下さいと願っています。

今日はいつもコメントを下さるR-Ralさんやtamachiさんの記事に感化されたので、交通社会インフラや交通安全について考えてみました。


まずはこのアンケート

アンケートやってみました。途中で集中力が切れそうになりましたが完走しました。?な質問もありましたが自転車乗りの方がその地を訪れた時に、いかに気持ち良く自転車を乗る人達を向かい入れることが出来るかというアンケートと言うよりはリサーチな質問と感じました。

自転車で訪れた地や旅行先に自転車を借りて地元の人や店舗が気持ち良く歓迎の準備ができるとしたら悪くないアンケートです。まあ道路をどうしろとか、車線をどうしろとかいう人にとっては不満が残るというか意味がわからないと感じるアンケートかもしれませんね^^;

私としては、行くまでの行程での交通インフラやその土地での自転車活用は、自転車を観光地で使う人口が増えれば自然と高まると思います。卵が先か鶏が先かじゃないですが自転車の社会的地位向上に役立つアンケートなのじゃないですかね。

現状でもゆっくりとですが走りやすくなっているのは実感してますし。

引退された自民党の谷垣さんがお元気ならもっと良化のスピードは上がったのだろうと思いますが、自転車事故での政治家引退はつくづく残念に思います。別に他意はなく、自転車を理解して下さる政治家がいなくなったのが心から残念と思うだけです。

でも根本的には自転車運転者側の交通道徳教育が一番先でしょうね。歩行者から自転車に乗って交通デビューする時(義務教育期間で)徹底的に子供達に自転車やその他の乗り物との関係を教え込むべきだと思います。

そうしたことが無い現状が、身勝手なその立場による車道などの専有意識に繋がっていると個人的に思います。自動車優先社会とか歩行者優先社会とかそれぞれの立場のお方々が自己主張しているのは残念です。

「譲り合いの気持ち」ってただ単に後方から抜かせたり、先に曲がってもらったりではないと思います。公共の道路を使うのだから自分中心的利益享受な考え方ではなく、いろんな立場を考えることが大切だというのが私の言いたいところでした^^



本日は台風接近ということもありいつもより早く父親の家に向かいましたP1100589 (8)

夕方の時点で水量は上がり濁流化しています。

いろいろな意見があるでしょうが安全って一番重要なことだと思います。自転車だと30km/h巡航や最高速50km/h超えみたいな超人的領域は羨ましいですがサイクリングロードや車道でイキっているのは迷惑に感じる時もあります。

スピードの出る自転車が一般的になりつつある現在、どうしたら融和していくか考えると時間がつきません。

今年最後?の大型台風前に思ったことでした^^;








Powered by amaprop.net