こんにちは^^



本日は11日にオープンした豊洲市場が一般の方も入場できるようになりました。
初期トラブルもあったようですがようやくって感じですね。築地の風情というか雰囲気も好きでしたが、ああ汚いと移転は必然だったように感じます。

ずいぶん前の話ですが、電車で中山競馬場に行く時に乗り換えがてら築地に立ち寄り早めの朝食を食べるのが私のルーティーンでありました。美味いんだよね、あそこでとる朝食。特に寒い冬は^^

11日のニュースを見ていた時に不思議な団体を見つけました。豊洲移転反対派と名乗る団体が築地に残った反対派の仲卸業者のもとに買い物に行っている様子です。

なんか赤臭いなと思ったら、やっぱり赤でした^^;
「おかしいな?」とカメラいっぱい持ってる連中の中になぜか沖縄の基地移転のプラカードを持っているやつがいる。いわゆる普通のぱよちん軍団の方々でした^^

何が目的なんですかね? ほんと困った人たちです。


困ったといえばこちらも
民主党政権で作ったソーラー利権の崩壊が始まっています。東北を壊したバ管元総理がバラ撒いた補助金と電力買い取り料金は結局、普通の人の電気代に上乗せされていたんですよね。

投資として始めた人が、買い取り料金下がって困っているのをニュースなどで一時期やっていましたが「ざまーみろ」としか言いようがありません^^;
※ごめんなさい口が悪くて

ほんと困った連中ですね。あと20年もすれば赤の残党共は消えて無くなると思いますが、私もその時に生きているかはわかりません。子供達の時代ではまともな世界になっていることを心から望むところです^^










さてと本題です^^


先にコメントにて少し書きましたが、日本や海外のオートバイメーカーが自転車を作っていたということを最近になって知りました。
自動車メーカー自転車イコール「ルック自転車」というわけでは無いようです。個人的にはルック自転車に対して悪い感情は無いですが、一部の人達からは毛嫌いされているようです。

で私が興味を持ったのはホンダのRN01というダウンヒル競技用のMTB
hondarn01
格好良いと思ったのは私だけですかね^^;

車体構成は自転車というよりオートバイなんですが、個人的に目がいったのがクランク廻り。

おそらく変速機構などがボックスの中に内蔵されているのでしょう。

そのホンダRN01の動画がこちらです^^

動画の中でギヤボックスの構造を解説していたのでスクショしてみました。

解説は動画の字幕にお任せいたします^^;

RN01.01
RN01.02
RN01.03
RN01.04
RN01.05
RN01.06

RN01.07
RN01.08
RN01.09
解説ありがとうございました^^;

要はこのボックスの中に軸移動フリーギヤ付きクランクとRディレイラー、7速カセットスプロケットが内蔵されているというワケです。

フロント側にもフリーが付いているためクランクを回さなくても変速が可能。また軸移動するのでチェーンラインがどのギヤでも最適な状態と、普通の車両にも流用可なメカが詰まっています。

凄いですねー^^

ちなみにこの自転車が活躍したのは2004年から2007年の間だそうです。2007年といえばリーマンショックがあった年。F1ではホンダやトヨタやBMW、WRCではスバルや三菱、モトGPではスズキやカワサキなどが経費節減のためモータースポーツから一時撤退もしくは去っていきました。

余談ですがホンダF1チームの売却費は1ユーロと言われています。撤退翌年に経営権を買ったロス・ブラウン率いるブラウンGPチームは世界チャンピオンになり、過去4年連続で今年もまたチャンピオンチームになりそうなメルセデスF1チームの元になっています。

私みたいな自転車だけではなくモータースポーツ好きなやつにとってリーマンショックは忌々しい過去なんですよね。きっとこのホンダRN01もそのせいで開発中止となったのでしょう。無念!


話をもとに戻します^^

現在、シマノやカンパやスラムなの主要なパーツメーカーは12速までギヤ数を増やしています。

自転車の場合、リヤを多段化するとハブの長さが足りず幅を大きくしなければ対応できません。それを嫌って多段化を良しとしない人も多くいるようです。

でもホンダRN01のようなギヤボックス機構を使ったらどうなるでしょう? もちろん重量やQファクターへの疑問は当然あります。でも抜本的な解決を見いだせるような気もします。

いつまでも23Cじゃなきゃ嫌とかチューブレスやディスクブレーキは嫌とか言っている方も多いし私も理解する部分は大いにあるのですが、革命というか革新的なものは自転車業界の中からでは起きないのかもしれませんね。

このホンダRN01が消えてから約10年経ちました。私が知っている限りでは、こうした革新的な技術は(ドライブトレインについて)生まれていないと思います。

このままじゃ電アシと低品質ママチャリだらけになりそうな自転車メーカーさんも本腰入れて「自転車の革命」をおこしてみませんか? 「フリーパワー」も良いですが大きなメーカーがやってこそ本物の自転車文化が生まれるような気がします(文化は関係ないか^^;)

「言うだけならタダ」なので勝手ばかりを言いましたが、ぜひとも私が健康で自転車を乗れる間にそんな革新的な自転車に乗ってみたいと思うばかりです^^


本日はここらで終了です、それではまた^^)/



Powered by amaprop.net