こんにちは^^


ちょっと前にルパンのカリオストロを見てから食べたくなった「ミートボールスパゲッティ」を作ってみました。
IMG_20181105_225440
材料はすべて100円ローソンです^^;

①パスタを芯が残るくらいまで煮る
②一緒に甘酢あんかけ肉玉も煮ておく
③玉ねぎ一個を飴色になるまで炒める
④ナポリタンソース(半分)をフライパンで温める
⑤炒めた玉ねぎと肉玉を④に投入
⑥パスタを入れて乳化するまでかき混ぜる

スマホの「ナイスフーズ」モードで撮った画像が白飛びひどく再現性が低いですが、実際はパスタも赤くトマトを給して「あの」パスタに近い感じでした^^

個人的に「カリオストロの城」はテレビまんがの最高峰の作品だと思います。整合性を意識した途端に破綻したその後の(全部ではない)作品と比べると明らかに見終わった後が楽です。

「あれはこうだった」とか「こういうとらえかたもある」みたいな作品も好きですが、気楽に見れる映画も大好きです。

そんな事も考えつつ宮崎作品の食べ物の破壊力(ラピュタの卵焼きパンも!)は誰にも超えられない表現力なのではないですかね^^;






さてと本題です^^



今回は全開の記事の続きというか、他にやった事などを書いていきたいと思います。

最初はフロントブレーキの交換から。
P1100594(5.1)
元々付いていたのは定番の鉄板キャリパーブレーキでした。効きじたいは悪くはないのですが、いずれサビの餌食になるのは目に見えています。ちゃちゃっと交換しちゃいます^^

ジャンク箱から取り出したのは、これまた定番のテクトロの800Aです。
P1100594(16)
一応、取り付け前の準備もしました。アルミ特有の白サビが浮いていたので軽く磨き、オイルアップとガタの無いよう調整も済ませたのが上の画像です。

シューを何にするか少し考えましたところテクトロ800A付属のものを使うことにしました(800Aの左下にあるグレーのシューです)。特に深い理由は無いのですが、未使用新品だということと子供用自転車のスピードを考えると充分な性能だろうって感じで決めました^^

ちなみにこの800Aですが、こっそりとモデル(マイナー)チェンジ?をしたようで型番が810Aに変更されていました。
確認したところ、メーカーHPには800Aに消えていました。800Aとの違いはよくわかりませんが、重量が214Gと表記されamazonの200Gとは若干の差がありますが気にするレベルではないですね^^

交換の際には前カゴが邪魔になるので上側のステーのみナットを取り外して作業しました。ここにはナイロンナットが使われているので作業性を考えるとラチェット系の工具が便利だと思います。

例えばこんなやつです^^
子供用自転車に限らずシティサイクルにはナイロンナットがよく使われているので、ラチェット系の工具はひとつ持っておくと作業が楽になると思います。

以前の記事にも書きましたが、私はこんなやつ(メーカー違い)を使っています。
小さく軽いので携帯にもおすすめです^^

まあそんなこんなでフロントブレーキを800Aに交換しました。
P1100594(4)
私の乗り物の定義では、自在に制動することが出来ない乗り物はNGなので一安心です^^


お次はチェーンです。最初はこんな状態。
P1100594(3.1)
購入した店舗から持って帰る際にダイソーオイルで注油しましたが動きは固かった^^;

とりあえずCRC5-56でサビを浮かしボロウエスで磨いてみたのがこんな状態。
P1100594(3)
なんか悪くない。というかまだ使えそう^^

灯油漬けにしてブラッシングすればなんとかなりそうです。厚歯用ということや、この自転車の性格を考えると伸びの発生は考えにくいですからね。次回は切ってメンテしたいと思います。

この後パーツクリーナーで軽く洗浄してAZ KM001を注油したのですが、まだ動きが渋い。原因はシングルフリーにあるようです。

出来ればやりたくないのですよね、あの細かなベアリング球を並べる作業は^^; 老眼の私にはかなりハードルの高い作業です。開けてみないとわかりませんが、サビも(かなりの確率で)発生していると思いますので、仁丹みたいな球を用意することといたします。

どうせバラすならサンポール漬けもやるかな? どんどんやりたいことが増えるのが嬉しい悩みでもありますが、リヤハブ整備といっしょのタイミングですね^^

まあそんなわけで、ちょこちょことやっていきます。サビ落としも同時進行で試したのですが、それはまた次回にでも。



本日はここらで終了です、それではまた^^)/