こんにちは^^



なんだかスッキリしない天気が続かない。暖かいなと思ったら気温が低く小雨も降ったり。こういうのが一番キツイです。せっかく体調も戻ったのにぶり返しそう。

着込んだジャケットも防水効果が無くなっていたので、週末には防水スプレーしておくとします。雨が滲みた状態だと余計に冷えるのですよね^^;


ちょっと前の記事ですがご紹介をば。
個人的には視野角云々よりも危険予知が未経験のために、動きの予想がしづらいのが子供の特徴だと思います。私の場合だと追い越し時には完全徐行。そして親御さんに気づいてもらえるようシフトチェンジ(特にフロントが効く)など後ろにいますよアピールをいたします。

ここまでやっても、なぜかこちら側に避ける(動く)場合もあるので(すぐ止まれるように)スピード調整はかかせません。なにもないに越したことはないですからね^^

まだお年寄りの方の場合は動きが緩慢なだけに急に動かれることはないですが、それでも追い越し時はなるべく速度を落として離れるようにしています。

とにかく言えることは歩行者を驚かせないこと。あと、~だろうみたいな考えはやめることが大事だと思います。たまに歩行者スレスレをかっ飛んでいく自転車を見ることがありますが何を考えているのですかね?

自分が車道で車やトラックに同じことやられたらと考えたことはないのでしょう。なんかサイクリングロードに危険物をばら撒かれたなんて記事を見ると、そうしたことの積み重ねが敵対意識に変わっていったのかもしれません。

インフラを充実するのも必要ですが、まずが意識改革から始めないとと思います。特に子供は大人の姿をよく見ているので、お手本になるべく襟を正したいと思います。

子供用の自転車整備の記事を続けていますが、安全運転の指導もしっかり続けていくとします。怪我するのもさせるのも嫌ですしね^^









さてと本題です^^




先週やった整備の記事はこれで最後。本日はサビアウトを使って娘用自転車のハブの錆落としをしたことを書いて行きたいと思います。
P1100594(7.1)
※ハブ以外にも錆落とししましたが途中から降り出した雨で中途半端なので別の機会にします

まずは元の状態です。フロントから、
P1100593 (28)
こいつにサビアウトを塗り一晩おいてウエスで拭き取るとこうなります。
P1100593 (33)
サビの根の深い箇所は黒錆化しています。

お次はリヤ、
P1100593 (29)
フロントに比べ軽め?なサビでしたが、
P1100593 (35)
やはり深い箇所は落ちていないです。

ここからは根気よくピカールなど研磨剤で磨かないと綺麗にはなりませんね。ペーパーがけするって手もありますがサビの再発を考えるとどちらも考えものです。

これは塗装するのが最善策かなあ^^;

グリスを薄く塗ってハブ毛でごまかすって方法もありますが、これは悩みますね。とりあえずハブ毛を取り付けた時の画像です。
P1100594(6)
フロントと
P1100594(2)
リヤ。まあ目立たないっちゃあ目立たない^^

ハブ毛ももうちょいお洒落だったら良いのですが、タワシ感が少々しょぼく感じます(娘は気に入っていましたが)。革でも用意して自作してみるかな? 表面に防水処理してバックスキンにグリス保持効果を求めるとか。

ホムセン行けば革もあるかもしれないですし探してみたいと思います。どうせ錆びたボルトのステンレス化もしなきゃいけないですしね。なんかやることどんどん増えてく^^;


今週末はちょっと用事があるので時間との戦いになりそうです。自転車いじりばかりしているわけにもいきませんので予定は未定って感じですね^^


本日はここらで終了です、それではまた^^)/