こんにちは^^


今回の記事はずーっと下書き状態で眠っていたものです^^;

なんでか?というと単にまとまらなかっただけ。頭の中にあるものを記事にして誰かに伝えるのって結構難しいのですよね。私の場合、特に文章作成力が弱いもので・・・。


とりあえず本題に行く前に嬉しいニュースをご紹介から。
川崎フロンターレが2連覇しました^^)/

年に1,2回応援観戦に行くくらいの特に熱心なサポーターというわけでは無いのですが、地元のチームが活躍するのはやっぱり嬉しいもんです。

Jリーグは初年度から数年は結構見に行ってました。お目当ては横浜ASフリューゲルス。お客様に佐藤工業の方がいて良くチケットも譲ってもらっていたんですよね(自費購入も当然しました)

ちなみにベルディは大嫌いでした。なにかと「東京」に移転するなんて言ってましたし実際去ってしまいましたしね。違うスポーツですがロッテも同じように好きじゃありませんでした。

以前の勤務先でフロンターレはお客様でもありました。良く溝の口に納車行きましたね。あの頃はスタッフさんも選手も若くてナイスな方が多かったです(当然今もですよね)。

F!見る目的のためにDAZNに加入したのですがJリーグやサッカーも充実しているので今年はPCで観戦していました。興味のある方は1ヶ月無料で見れますので是非お試しを^^

なんにせよ勝ちグセがついたというのは多分にあるのでしょう。フリューゲルスですら最後の天皇杯で優勝しましたし、フロンターレもいつか優勝すると信じていました(1昨年まで)。

来年のAFCも鹿島に続いて活躍してほしいですが過度の期待は禁物です。とはいえ心の中では期待しつつ応援を続けていきたいと思います^^









さてと本題です^^


突然ですが自転車を快適に走らせる意味で動力伝達(ドライブトレイン系)パーツの摺動時における摩擦抵抗(フリクションロス)は無視できないと個人的に思っています。

構造上仕方がないのですが、外装多段変速機が付いている自転車は当たり前のようにチェーンが斜めにかけられています。しかし、これってよく考えると不思議だと思いませんか? 

私の知る限りでは他にチェーンを斜めにかける機械って知らないというか思いつきません(調べればあるかも)。知っている方がいれば教えて下さい^^;

下は以前の記事で書きましたホンダのRM01です。
hondarn01

この自転車は変速機構パーツをボックス内部に収納しているのが大きな特徴です。
RN01.08
おそらく変速トラブルや外的要因による破損などを回避するのが大きな目的だと思われます。

面白いのはチェーンを少し特殊?な方法で斜めがけを回避していること。
RN01.03
「クランク側のスプロケットが左右に動くことによって」
RN01.04
「小さなケース内でのチェーンのねじれを防ぐ構造」てな具合です。


余談になりますが我が家の電アシ車は2代目になります。
P1090489
初代は確か2003年前後のモデルでニッケル水素電池&変速機無しなモデルでした。ちなみに両車ともパナのビビです。

結局、初代ビビはバッテリーの劣化で廃車となったのですが、当時の私はなんとかノンアシスト車として再生出来ないかと試み色々と調べてみました。結局、費用的な問題で電動ユニットボックスに代替え出来るようなBB部の案は実現できませんでした^^;

どこかで電アシ車に後付けできるRN01のギヤボックスのようなアフターパーツは作れないものですかね。シンプルなBBのみ搭載でも良いです。

変速機有りならリヤ内装3段(2段でもOK)と組み合わせて現在のフロントx3速&リヤ多段と同じようになると思うのです。リヤハブ径も小さいままディスク化も実現できるし、スポークの長さも左右同一に出来るのでテンションや重量のバランスも向上するとメリット大です。

重量的には不利になるかもしれませんが雨水や泥ホコリなどによる不具合は減るので、雨天も含め毎日使う用途には実用的かつなにより面白いと思うのです。

ただし構成部品が増えるので、フリクションロスを無くすという点では本末転倒かも^^;


話をもとに戻します。

一般的に前後小径ギヤで回すより大径ギヤで回すほうがチェーンの負担は小さいと言われます。

前後小径ギヤ(インナートップ)
P1100596(!) (15)
前後大径ギヤ(アウターロー)
P1100596(!) (16)
たすき掛けになるアウターローの是非はともかくとしてフロントはアウター使用したほうがチェーンの負担や少なくなるはずです。負担が少ない=フリクションロス小ですしね。

というワケで私の場合はフロントのチェーンリングギヤを50Tから46T化しました。理由は上で解説した通りです。実際アウターをメインに運用しています。


話はまた変わってチェーンラインについて^^

フロントのチェーンラインはダブルだと、車体のセンターからアウターとインナーの中間位置までの距離になります。トリプルだとセンターからミドルの距離ですね。

リヤはちょっと難しく下の計算式で求められるようです。

(OLD-W)÷2-T
・OLD ロードだと130mm MTBだと135mm
・W  カセットスプロケットの幅
(シマノの場合、8速35.4mm・9速36.5mm・10速37.2mm・11速39.0mmとのこと)
・T  トップギヤからRDハンガーまでの距離
数値参考先のURL wikibooks.org


まあ細かいことは棚の上にでも置いときます。要はフロントアウターギヤ時やインナー時にチェーンがまっすぐになるスプロケギヤ位置はどこかって話です^^;

私の車両の場合、あくまで目視ですが5速と6速のあたりでした。ただし正直言うと良く分かりませんでした^^;

アウター&5速のチェーン状態
P1100596(!) (11)
アウター&6速の場合
P1100596(!) (12)
6速の方が真っ直ぐっぽいのですが写真の場合、少し歪むというか見たまま正確に同じでは無いので実際にはどちらも同じというか中間点がベスト位置かなって感じでした

フワッとした感じで申し訳ないのですが、ここらへんのギヤを使うのがフリクションロスも少ないしチェーンにも優しいのではないかという事です。

ちなみに私が使用しているスプロケはCS-HG50-9の12-25Tの1速と2速にHG400-9の24Tと28Tをミックスした改造仕様(12-13-14-15-17-19-21-24-28T)

プラスマイナス2枚を加えるとして14-15-17-19Tの4枚のギヤが、私の脚力での速度や使用道路環境など走行条件にマッチしていれば快適でフリクションロスも少ないというわけです。

はぁ(ため息)、これを言いたかっただけなのにこんなに長くなってしまった^^;


じゃあベストなギヤ選びは?って事になるのですが次回にて^^ インナーも含めてギヤ比やケイデンスによる速度などを計算して考察してみたいと思います。


本日はここらで終了です、それではまた^^)/


Powered by amaprop.net