こんにちは^^



いやー寒い寒い。そろそろ手袋が必要かな?って感じの朝晩の冷え込みです^^

なんかついこの間まで暑い暑いとぼやいていたのが昨日の事のように感じますが、平成最後の今年もあと2ヶ月無いのですよね。月日や時間はあっという間に過ぎていきます。

というわけでもないですが、気になったのがこのニュース。
アメリカに脅されすり寄って来たチャイナに続いて、ロシアもすり寄ってきました。

「いったい、どうしたんだプーチン大統領!」って感じなのですが、理由はこんな事らしい。
支持率低下のための国内アピールなんでしょうね。日本を騙して資本を持ってきてやるってとこですかね。さすが元KGBのキラーマシンことプーチン大統領^^;

まあ悪くないんじゃないですかねと個人的には思います。4島返還を主張して平行線でいくよりも少なくとも前進はするでしょう。あの辺の漁業海域拡大のメリットは小さくないですし。

それにしても安倍総理は上手くやっていますね。従来ならチャイナやロシアがすり寄って来てもアメリカの牽制で話が進まなかったのに、なぜか独自路線的な外交をやっています。

やっぱり最初のゴルフが効いたのですかね? いったいトランプさんといくら握ったんでしょうかね。んなことはないか!?(^^;

いずれにせよ我が国の領土が戻って来ることは良いことだと思います。特に北方領土って色々と過去の歴史があるので難しいですしね。実効支配されてしまった竹島問題とはちと違います。

この寒い中、自転車乗って帰ってきたので寒い地方のニュースをご紹介してみました^^









さてと本題です^^


先日の記事の続きですが、いつまで経っても頭の中でまとまらないのでツールだけ先に作ってみました。エクセルで作った速度&ギヤ比計算シートです。

久しぶりにエクセルをいじったのでうろ覚えな計算式で少々苦労しましたが、なんとか形になりました。

で、出来たのがこれ。
エクセル02
一応、11速まで対応出来るようにしてみました。

フロント46T&CS-HG50-9改のデータです。
P1100592 (5)
CS-HG50-9 12-25Tのロー2枚をHG400-9の24Tと28Tに交換したミックススプロケです。


フロントチェーンリングのギヤ数とリヤスプロケットの歯数からギヤ比を出し、ケイデンスによる速度が求められるようにしてみました。フロントやスプロケのギヤ数の入力を変えれば1段ずつのギヤ比やクランクとスプロケのギヤ比シミュレーションが出来るのようになっています。

オレンジ色のセルはフリクションロスが少なくチェーンに優しいギヤ。黄色セルはそれに準じたギヤです。一応、前回の記事を参照しています。

ちなみにフロント50T&CS-HG51-8(11-28)だとこんな感じになります。
エクセルhg51
このように使用しているクランクとスプロケットの組み合わせをシミュレートして、パーツ選びの際に目視化出来るので割と便利かもと自分的には満足の仕上がりです^^;

こいつを使ってフロントアウター&インナーの繋がりの良さ追求やフロントトリプル&クロスギヤスプロケの有用性なども書いていきたいと思っています。


本日はここらでおしまい、それではまた^^)/





Powered by amaprop.net