こんにちは^^


昨日の記事でブルホーンからバーハンドルに変更しようかなと考えている記事を書きました。結構、記事を書いていると自分では決定事項的になってしまうのですが未だ未定です。

そんな熱くなった頭の状態でも自転車に乗ると少し冷静になります。そう、戻した時に浮き出てくるデメリットを考え出すのです。

色々と考えられる変化の中で一番気になったのはミラーの事でした。

思えばブルホーンのメリットにはミラーとの親和性が高いというのもあると思います(バーコンやエアロブレーキ未使用の場合)。

ちなみにこの製品を取り付けています。
お値段314円。昨年、私が入手した時は173円でした^^

私の場合、こんな感じに取り付けています
P1080116.1
これがまた絶妙な位置で、視線移動だけで後方確認が出来るのです^^

多分、ミラーを使用している人には私の気持ちが伝わると思いますが、一度取り付けると手放す気にはなりません。後方から近づく自動車の走行ノイズに警戒する事も無くなります。
P1080119
心の底から安心出来ます^^ しかも、その位置がベストに近いというなら別位置にすることはデメリットの他ならないと思うのです。

このミラーを流用すると仮定して、バーハンドルの右端に取り付いているのをイメージしてみましたが取り付け位置は下がり視線移動は大きくなると考えられます。

いやあ、困ったなあ^^;


で、新たなミラーを検索してみました。条件としてはバーエンドバーを握った時に違和感が無い事と(ミラー自体がエンドバー形状なら良し)、視線移動がなるべく少ない物です。

オートバイ用的なデザインですが気になったのがこの子。
形状的に取り付け位置も問題は無さそうです。
41W4XYfjQOL._SX355_
でも、ちょっと野暮ったいかな(贅沢言うな)^^;

バーエンドに取り付けるタイプや、その他のものでは明らかに私の希望に沿うような製品は見つかりませんでした。そこで考えたのが別の手段です。

バーエンドバーをロングなものにしてその先端にミラーを取り付けるということ。

例えばこんなやつ。
私が所持しているのは同じBBBのショートタイプですが、先端にミラーを取り付けると握った手が干渉するのは明らかなのでロングタイプなら大丈夫ではないかと考えました。
71X9pEwEESL._SL1500_
これなら大丈夫そうです^^


っていうことは、
・130mmなステム
・アヘッドコンバーター
・ロングなバーエンドバー
・場合によってはハンドル

などが必要になるかもということです。なんか大掛かりになってきたぞ^^;

うーん、悩みますね。

ここでハンドルの変更を考えた大元を振り返ってみると一番の優先事項はシフティング性能です。そう、ラピッドファイアを最大限に活かしたいということ。次に来るのは制動時の安全性でした。

ここで再度、ブルホーンを活かす方向で考え直してみる。

・いっその事STIにしちゃう(いや、ソレはないでしょ)
・インラインブレーキを組み合わせる(シフターは?)
※この場合ステムを短縮化も必要かも

なんだか頭の中がぐちゃぐちゃになってきました^^;


手の位置を変えずにバシバシと自然にシフトが出来て、前後縦横とブレーキもコントロール出来て、ミラーもベストな位置に設置する。ただそれだけ!?なんですがね^^

しばらく悩みそうですが、バーハンドルに戻す方向には行きたいと思います。ホント難しいですね、理想のポジション(含む操作性)探しって。


本日はここらで終了です、それではまた^^)/


Powered by amaprop.net