こんにちは^^


先日見たニュースです。
なんだか代表選手の選考ってすんなりいかないケースが多いですよね。

まあ、強い選手が複数いて代表選出に迷うのは仕方がないと思うのですよ。でも、競技協会のさじ加減で差が生じるのは納得いきませんよね。

陸上でもマラソンの大迫選手が訴えていました。詳しくは分かりませんので一方的にどちらが悪いとは言いませんが昔からよくある問題だと思います。

松野明美さんの時ももめたなあ。個人的には有森さんより松野さんがオリンピックに出て欲しかった。現在の松野さんはコミカルで変わった方に見えますが当時は熱血少女って感じだった(^^;

「結果を残せばいいんだよ!」
1024px-Agnes_Digital_20010603P1
※画像引用元Wiki

そう言っているのはアグネスデジタル君。芝ダート問わずG1レースを6勝した名馬です。

なんでこの馬が出てくるかというというのは「アグネスデジタル」「クロフネ」の天皇賞出場に絡む流れを両馬のwikiでご覧になって下さい(手抜いてすいません)。

クロフネを期待するファンが多かったブーイングまで起こった天皇賞秋のレースでしたが、結果は当時の最強場テイエムオペラオーを破って優勝! 松野さんに対する有森さんみたいな感じです。

一方、クロフネも変わって出場したジャパンカップダートでぶっちぎりのレコードと最終的には良馬とも結果良しとなりました。


あ、だいぶ話がずれてしまいましたね(^^;

與那嶺恵理選手には是非とも代表に選ばれてほしいと思っています。やっぱり頑張って成果を出している選手には正当な評価をしてもらいたいですからね。

東京オリンピックもあと少し。今年のラグビーWカップとともに日本代表選手の活躍を私は応援しています!











さてと本題です(^^)


先日、割ってしまったミラー
P1100707 (3)
割れた鏡部がカタカタといってきたので結束テープで補強していました。
P1100707 (36)
この状態で運用していたのですが、やっぱり見ずらい。しかも貧乏くさい(^^;

というわけで、注文していたこいつが届きましたので早速取り付けします。


パッケージはこんな感じ。
P1100707 (34)
裏の取り付け説明はかなり適当(^^;
P1100707 (33)
左の図はなぜかバンド式のミラー。ま、いいっか(^^;

とりあえず、割れたミラーとのび太ミラーの台座を取り外します。
P1100707 (35)
ボルトの頭にサビがありますね。こいつはオイルで磨いて取り除いておきました。
P1100707 (29)

今回のミラーの弱点ですが、取り付け部が細いため固定には一工夫が必要になります。前はテープを巻いて厚みを作っていましたが、今回はのび太ミラーの臼とボルトを流用することにしました。

比較してみると結構違いますね。
P1100707 (31)
ね、臼の大きさが全然違うでしょ。この大きさの差が固定力アップにつながります(^^

取り付けは簡単。本体をハンドルにカポっと差してボルトを締め付けるだけ。
P1100707 (25)
※本来のボルトはヘックス(六角)ボルトです。

デフォルト状態は保護フィルムが貼ってあるので全然見えません。
P1100707 (28)
フィルムをはがすとこんな感じ。
P1100707 (21)
うん、やっぱりこのミラーの映り具合は最高(^^)

自転車にまたがって角度の調整をします。
P1100707 (19)
こんな感じかな?

前ぽから見るとこんな感じ。
P1100707 (18)
結構、大きく見えますがミラー部を折り畳み出来るので問題ナッシングです。

というワケで取り付け完了。
P1100707 (20)
新たなミラーで走ってみましたが、やっぱりこいつが最高だったと再確認しました。

最初に壊れた時に再購入しておけば良かったです。とはいえ違うミラーも試せたので程良い勉強代といったとこですね。経験値が増えることはけっして悪くはありませんから。

自転車も車道を走る立派な車両の仲間です。安全装備であるミラーの取り付け、ご覧になられた方も一度考えてみてはいかがでしょうか?

断言しますが、一度ミラーを取り付けたらミラーのない車両に乗るのが怖くなります。是非ともお試しくださいあれ、間違いなくミラーを手放せなくなると思います。

やっぱり「自分の身は自分で守る」を実践し、少しでも悲惨な事故が少なくなるようミラー取り付け車両が増えることを望みたいところです。


本日はここらで終了です、それではまた。
(^^)/




Powered by amaprop.net