こんにちは^^


今日は私が主に使っているママチャリクロスの事を書きます。


以前の記事にて書いたのですが26インチママチャリ車のフレームの限界を感じた私は元々、子供のために用意していたフレームにパーツを移植しました。→以前の記事

このフレームは頂き物で2000年頃に販売されていたらしいジャイアントのCROSS2000というクロスバイクでした。今のエスケープR3のおじいちゃんってとこです。飛行機で言うとR3がF35でCROSS2000がF4ファントムって感じです、分かりづらいたとえですいません^^;私もファントムよろしく魔改造して現在に至っています。

元々は→(ジャイアントのホームページ) のような自転車だったらしいのですが私の仕様はこんな感じです^^
IMAG0364
後かごは私の使い方では必須です^^後かごを取り付けるためにはリヤキャリアも当然必要です。画像は残っていませんが当初はママチャリに取り付けていたリヤキャリアをそのまま移植する計画でした。以前の記事にある物です。ところがママチャリ用のリヤキャリアをフレームダボ穴につけてみるとVブレーキは干渉してしまい取り付けできませんでした。という事でこの自転車はキャリパーブレーキ化する事にしました(手持ちの105ブレーキを流用したかったのも本音です^^; )。


こんな感じで取り付けてました^^
IMAG0365
ママチャリでBB裏のチェーンステー取り付けのノウハウがあったので簡単に取り付け出来ました。余計な溶接跡の左右差もなく水平を出すのも容易でした。ちなみにこのDIYプレートはホムセンで69円の物でいつもお世話になっています^^ キャリパー側は6mm、沈胴ナット側は8mmの穴を開けてます。鉄製プレートのため穴あけ後、ダイソークリアスプレーにて塗装、防錆処理しています。

このスプレーもいつも使っている物です^^
IMAG0302
錆びやすい鉄製品が多く使われているママチャリには私的にはこれまた必須な物です。ハンドルやステム、クランクやハブ、スポークなど新聞紙などでマスキングして軽く吹いておくだけで驚くほど錆びは防げます。

話しがそれましたがフロント側もキャリパーブレーキ化する事としました。キャリア取り付けで必要に迫られたリヤ側と違い、単純に手持ちの製品を使いたかったからでした^^;


一応こんな感じです^^
IMAG0366
BR5800が付いています。


次回はフロントキャリパーブレーキ取り付けの際の詳細を書きたいと思います。


それでは^^/

Powered by amaprop.net