こんにちは^^


このブログを始めて2ヶ月が経ちました。最初の記事から次の記事まで1ヶ月空いてしまったので、2番目の記事から一ヶ月間、毎日続けようと目標をたてました。本日、やっと目標達成してほっとしています^^

また、こんな場末のスナックみたいにメニューの少ないブログを訪れて頂いてる皆様には、感謝の気持ちでいっぱいであります。ありがとうございます^^ 今後も役に立つような情報など書いていきたいと思っています。


今日は工具の紹介の続きを書きたいと思います。

前回の記事では、各種ドライバー、モンキーレンチ大小、モーターレンチ、ハンマー、タガネ、バールのようなものなどを紹介しました。

今日はこの工具からです。
P1060604
自転車整備で使う機会の多い、各種小型スパナです。

左から、KTC製の10-12mm、KTC製の12-14mmスパナです。自動車の整備ではこのサイズのスパナはあまり使う機会はありませんが、自転車整備では良く使います。小さなボルトナットは締め付けトルクが過大になりがちでめがねレンチよりスパナの方が使いやすいと思います。そのためにも精度の良い物がいいですね^^

右の2本はダイソー製の13mmと15mmのスパナとめがねレンチの両口工具です。こちらも自動車整備では使う機会の無いサイズですが、自転車整備だとハブナットやサドルのやぐらの固定など必要なサイズです。大小モンキーレンチがあれば事足りますが、緩み止め剤を使っている場合など意外に重宝します。本締め前ならダイソー製でも充分だと思います。


つぎはこれです。
P1060588
薄刃スパナです。左から14-17mmの普通スパナを金ヤスリで削ったもの、次にTOP製の11-13mmの薄スパナ、厚みは3mmなのでこれも13mm部を削ってあります。右はダイソー製の10、12、13mmの板スパナです。短いですが充分使えます。

薄刃スパナはハブのベアリング清掃やグリスアップ後の玉押し調整に必需品です。専用の物が良いに決まってますが、加工すれば手持ちの工具でも使えます。ダブルナットで締め付けてある内側のナットを押さえるだけなので、ダイソー製の精度が悪いスパナでも充分使えますよ^^


一応、こんなのも持っています^^
P1060603
自転車用便利スパナです。フックレンチの代わりか、15mm部が開いているのでべダルレンチの代わりには良いかもしれません。まあ、あまり使う事はないですね^^;


ワイヤー引きや切断用の工具です。
P1060584
KTC製のプライヤーです。ディレーラーのケーブルを固定する時など便利です。私はハンドルグリップを外すときにも使っています。薄刃ドライバーですき間をあけ、そこにダイソー製の注射ポンプで薄めた中性洗剤を流し込みます。グリップに傷が付かないようにウエスを巻き、開いたプライヤーで少しずつ捻るとわりと簡単に外せます。(いつか、きちんと画像付きでやり方を紹介します)


次はこの工具です
P1060599
P1060600
ペンチとニッパーです。本当は専用工具が良いのですが、アウターケーブルやインナーワイヤーの切断に使用しています。家庭のDIYでも使う機会が多いので持っていても損はないですよ^^


次はこの工具です。
P1060601
アングルの付いたロングノーズプライヤーです。ダイソー製の物です。ブレーキやシフトワイヤーのばらつき防止の為、はんだを流し込む時に使っています。ピンセットでも良いのですがつかんだ物が滑って外れないので、これを使用しています。


工具の紹介は今後も続けたいと思います


本日は、このへんで終了します。それでは^^/

Powered by amaprop.net