こんにちは^^ 今日はエアチェックアダプター(米式バルブアダプター)とスーパーバルブの話しです


今日は娘の運動会でした。それにしても暑かった^^; 応援してる側も大変でしたが、やってる本人達が一番大変だったと思います。昼食後、お腹いっぱいになったせいか午後の演技や競争の時、すこし眠たそうでした^^; おかげさまで40m走、学年選抜リレーと1位になり、ご機嫌で帰ってきましたが着替えた後、すやすやと寝てしまいました。はじめての小学校での運動会、お疲れ様でした^^

お弁当や荷物を26インチママチャリで運んだのですが、空気圧がちょっと足りない感じがしました。朝は忙しかったので、運動会から帰宅後、空気を入れました。この自転車は主に長男が使用していて、いつも本人が空気を入れていました。

空気を入れていると、空気入れの感触がやたら重く感じました。そうです虫ゴムを使った普通の英式バルブでした。100均の虫ゴムを使わないスーパーバルブに変えていたとばっかり思っていたので、我が家では最後の虫ゴム車両でした。

しかし、日本の自転車業界はいつまで虫ゴムを使った英式バルブを使うのでしょうかね。空気は抜けやすいし、空気いれるのも大変だし、空気圧も適当だし。パンクが多いのも、空気圧不足によるリム打ちが一番の原因です。シマノさん、いい加減、画期的な英式代替バルブを開発して下さい^^;


という訳で、私の行っているママチャリの空気圧管理方法を紹介したいと思います。
P1060643
26インチママチャリ車両の英式バルブです。ちなみに後輪です。こいつのバルブを外します。

外しました、手持ち在庫があったのでいわゆるスーパーバルブに交換したいと思います。
P1060647
100均で販売されている商品です。製品名は自転車用 簡単バルブセットだそうです^^

両者を比べて見ます。
P1060649
左の虫ゴム式は空気を注入するときに虫ゴムを膨らませてチューブに空気を送ります。そのため空気入れポンプを押す力が無駄に必要になります。虫ゴムが劣化すると空気が逆流して漏れ、パンクの原因となるので定期的な管理が必要です。右のバルブは内部に空気漏れを防ぐパッキン機構はあり、良い個体だと空気の漏れは非常に少ないです。たまに外れを引く事もありますが^^;

ちょっとしたコツですが、私はこのバルブを取り付ける時にテーパーになっているゴム(樹脂)の部分に薄くシリコングリスを塗っています。ゴムの硬化が防げて少しだけ長持ちします(個人的な意見です)。

さっそく取り付けてみます。
P1060650
P1060651
このまま、空気を注入する前に、もう一台の車両の空気圧メンテナンスをします。


以前の記事で紹介した、電動アシスト車のバルブです。
P1060653
この車両に取り付いているのは、英式バルブを車やバイクなどに使われている米式バルブに変更するアダプターです。パナソニック製のエアチェックアダプターという商品名の製品です。この製品を取り付けると、驚くほど空気圧が下がりません。この電動アシスト車は超重量級のため、空気が抜けやすかった為、取り付けています。

ちょっと取り外してみます。
P1060654
P1060655
こんな感じで2つのパーツで構成されています。

ノーマル英式バルブ、英式スーパーバルブ、米式アダプターを比べて見ました。
P1060656
全然、構造が違うのがわかります。一番右の米式アダプターはごついです^^;

もうひとつ、米式アダプターが優れている点があります。それは空気圧をきちんと計測できる事です(ついでにおまけですがガソリンスタンドでも空気入れられます)。そのためきちんとした空気圧管理が出来て、このアダプターに変更してから一度もパンクしませんでした。外傷やタイヤ、チューブ劣化の原因はあるかも知れませんが。非常におすすめの商品です^^

空気を注入してみます。
P1060660
このタイヤチューブはマックス4.5キロの空気圧が入れられます。

P1060661
ごらんのとおり、きちんと空気を注入する事が出来ました。空気を入れすぎてタイヤチューブをいためてしまう事もありません。ちなみに私は空気圧4キロでこの車両を運用しているため、この後、少し空気を抜いてあります。

先ほど、26インチ車にスーパーバルブへ交換しましたがこのスーパーバルブも正確な空気圧計測は出来ません。

そのため、私はこの米式アダプター車両の空気圧メンテナンスを最初に行って、英式バルブ車両それぞれのタイヤチューブの空気圧を自分の手で圧力を確認して空気圧管理をしています。あくまで感覚なので正確ではありませんが、その方法をするようになってからタイヤチューブの寿命は伸び、パンクも少なくなりました。


重要なのでもう一度言いますが、シマノさんでもブリジストンさんでもパナソニックさんでもどこでもいいので、画期的な英式バルブの開発お願いします。まあ、今の安価な車両を短期間に劣化させ車両代替をさせるビジネスモデルを壊すので業界から反対の圧力でもかかってるんでしょうね。

本当はとっくに開発しているのに隠しているんでしょ^^;


本日はこのへんにしておきます。それではまた^^/



Powered by amaprop.net