こんにちは^^


テロ等準備罪が煮詰まっていますね。昨日の夜、法務委員会の様子をパソコンで見ていたんですが日本維新の会の議員が質疑途中に、民進党の議員が邪魔してそのまま休憩になってしまいました^^; ひどい状況です。

しかし、毎度の事ながら野党が馬鹿すぎますね。問責決議案連発の後、今度は内閣不信任案ですか^^; 正々堂々と議論を交わす事がおまえらの仕事だろって。なんとか学園で時間稼ぎしている暇があったら対案出して堂々と議員の仕事をしろって思いです。政局より政策でしょ^^


先日の事ですが、我が家の26インチ車のシフトのアウターケーブルに錆があるのを発見しました。ついでにシフター交換などの整備をしたので書いていきたいと思います。
P1060866
アウターケーブルが見事に錆びています。この様子じゃ内部も錆が進行していますね。シフターも傷だらけなので、この際に全部交換しちゃいます。

まずはリヤディレイラーのケーブルを緩めます。
P1060868
ターニーのナットは9mmで中途半端なサイズです。せめて8mmか10mmにしてもらいたいもんです。ちゃちゃっと緩めておきます。

ブレーキレバーとシフターも緩めます。
P1060870

緩めたらハンドルの内側にずらしておきます。
P1060871

次に登場するのがダイソー製の化粧品用スポイトです。
P1060872
こいつに中性洗剤を薄めた水を入れておきます。

薄刃ドライバーでグリップにすき間を作りスポイトを差込み水を注入します。
P1060873

ウエスをまいてプライヤーで軽くこじっていきます。
P1060874
だんだん緩んできます。ある程度まで水分が入ったら手で回します。

はい、取れました。
P1060875
少し跡はつきますが、しばらくすると目立たなくなります。

シフターも外しちゃいます。
P1060876

アウターケーブルはこんな状態でした。ひどいですね^^;
P1060877
こんなの使えませんのでちゃちゃっと外してしまいます。

交換するのはSISって書いてあるシマノ製のアウターケーブルです。交換するケーブルと長さを揃えます。
P1060878
P1060879
ケーブルカッターで切りました。

丸棒ヤスリと板ヤスリで断面を整えます。
P1060880
綺麗になりました。

おまじないにシリコンオイルを内部に噴いておきます。錆びとめと内部抵抗低減目的のためです。
P1060882
ここまで終わったら車両に取り付けました。

今回使うのはこのシフターとインナーワイヤーです。
P1060884
P1060885
P1060883
シマノのSL-TX30-6Rとギザプロダクツのインナーワイヤーです。ちなみに両方とも手持ち在庫部品です。本来、このシフターを新品で購入するとアウターケーブルとインナーワイヤーは付属しています。それでお値段600円位なのでシマノってすごいですよね^^

ちなみに今回、使うグリップはダイソーの製品です。私はいつもお世話になっています^^ こいつも在庫しておいています。
P1060869

ちゃちゃっと取り付けました。
P1060890
P1060891
こんな感じの角度で取り付けると人差し指でシフト操作出来ちゃいます^^

リヤディレイラー側のケーブルも交換してインナーワイヤーを通し、ナット金具でワイヤーを固定します。
P1060893
こちらもシリコンオイル噴いておいてあります。

初期伸びをと取る為にローに変速、ワイヤー張ってローに変速を何回か繰り返します。
P1060894
伸びが取れたら、トップの位置でワイヤーを緩めて、再度ケーブルを固定して変速調整してやります。

ハンドルにも錆が浮いていたので、ピカールで落とした後に、ダイソーアクリルスプレーで防錆処置して置きました。
P1060889
こいつも、いつもお世話になっています。

この後、近所をひとまわりして変速確認と調整をすませて完成となりました。
P1060897
ハンドルに黒いカタツムリが付いているみたいです^^;


グリップシフトと比べてハンドルもきっちり握ることが出来ますし、変速も軽いのでサムシフターお勧めです^^


今回はこの辺で終了です、それではまた^^/

Amazon価格672円




Powered by amaprop.net