こんにちは^^

毎日、暑い日が続きますね^^; 熱中症に気をつけたいところです。今年は各地で大雨のニュースが続きましたが、私の住む関東地方では水不足との事です。早めに市民プールにでも娘と行ってこようかと思ってます^^


以前の記事でダイソー製のテールランプを紹介しました。昨日にいつものように点灯しようとしたら無反応。どうやら壊れてしまったようです。200円の商品なのでこんなもんかなという気持ちもあるのですが、原因を探ってみたいと思います。

元気な時の画像です
P1070033
紹介記事ではスイッチ操作の利便性のため車両の左側に取り付けていましたが、停車時に太陽光がよく当たるようにと安全性を考慮して右側に移動してました。

とりあえず外してみます
P1070034
プラスネジ2本でとまっているようです。

ドライバーでネジを外します
P1070035

上面のカバー部分が外れました。
P1070036
ソーラーパネルユニットがプラスネジ2本止めされています。

ソーラーパネルを持ち上げてみると
P1070037
半田がとれて銅線が途切れていました^^; 200円だし、しょうがないかなって感じです^^;

ネジをはずして分解してみます。
2
先ほどの画像の裏側です。基盤から白い銅線が裏側のソーラーパネルに延びています。ここが断線していたので充電されず不点灯状態になっていたようです。試しに指で線とパネルの端子部を接触させて1分ほど充電してみたら点灯しました。

というわけで半田で修正したいと思います。
P1070041
充分に暖めた後に

修正します
P1070042
が失敗です^^; 何度やっても半田が上手く乗りません。理由はわかりませんが多分に私の半田付けの技術不足は否めません^^; 銅線もこげて導通不良な感じです。

あまり加熱しすぎてソーラーパネルが壊れてはなんなので、リード線を購入して再度挑戦してみます。


最初は大雨の中、走行した時に内部に水分が浸入してショートしたのかと思いましたが断線が原因でした。取れた側だけでなく、反対側もきちんと修正して少しでも長持ちするように頑張ってみます^^

次回に続きます、それではまた^^/

2017年7月30日 追記

結果から申しますと大失敗しました^^;
P1070043
補修用のコードはPC用のケーブルを使うこととしました。

P1070044
P1070045
こんな感じで切り出しました。

P1070046
半田ごての先端を削り、半田の乗りを良くしました(メッキがしてある最近のビットは削らないほうが良いです)

はい失敗^^; 大失敗です。
P1070047
基盤、左下のランドが半田の熱で剥離してしまいました^^; 

ソーラーパネル側も失敗^^;
P1070048
こちらも、最初の作業でランドが剥離してしまっていたのでしょうね、ヤニに隠れて分かりませんでした^^;


というわけで今回の作業は大失敗に終わりました。

原因を考えると
① 私の半田の技術が駄目すぎた(これがダントツの一番)
② 半田ごての熱量が高すぎた。手持ちのこては40wの製品で、今回のような小さな基盤なら20Wの物を用意するべきだった。ダイソーで500円で売っているやつを購入寸前までいったのですが、200円の商品の修理のために購入するのが悔しくて無謀な挑戦をしてしまいました^^;

というわけでテールランプは壊れてしまいましたが、購入した方で点灯しなくなった場合は半田がとれている事が多いと思われます。技術のある方や、私の記事で20Wのこてを購入してチャレンジするのも良いかもしれません。

同じ経験をして、成功した方がいられたら教えてください^^ それでは^^/








Powered by amaprop.net