こんにちは^^


すっかり秋って感じですねぇ^^ 夜は虫たちの鳴き声を聞きながら快眠。日中は程良い気温の中で、軽い汗かく程度の中でのお仕事。食事も酒も美味い^^ 

父親が元気だった頃の話ですが、電車通勤の日にはよく駅近くの居酒屋に寄り道していました。その居酒屋では焼きサンマ1匹が69円でした。酎ハイも1杯100円で、サンマをあてにさらっと酎ハイ2杯飲んで帰宅するのが雨の日の日課みたいなもんでした。最近はとんとご無沙汰ですが^^;

サンマといえば不漁が昨年から続いているようですね。原因は色々とあるそうですが黒潮の位置が日本列島から遠い位置に変化しているのが主原因だそうです。

本来、春から夏にかけて日本近海の黒潮を沿って北上したサンマの群れが、黒潮の位置の変化で太平洋側に移動したらしいです。どこの国でも漁場と出来る公海位置で、秋の南下のUターン場所を狙い台湾や中国漁船に一番美味しいサンマが獲られているようです。

日本領海の親潮に戻った時には、過去の漁猟量は激減しているというわけだそうです。漁獲量制限を訴えているらしいのですが、その辺に関しては日本は交渉が上手くないのでしょう。

そういう意味でも、食料確保は国の根幹にあたるので政治家さんには頑張ってもらいたいもんです^^ 今日はやめようと思っていましたが、また政治ネタになってしまいました^^;

いずれにしても「秋のサンマは美味い!骨まで食える!はらわた大好き!」と声を大にして訴えたいだけです^^; さんまの骨を炙ってカリカリにしてマヨネーズと七味唐辛子を添えると、それだけでビール三杯はいけます^^


というわけでもないですが、父親の介護に向かう途中のホームセンターで買い物してきたので書いていきたいと思います^^
P1070529
先日の記事でもぼやいていましたが、雨天時にステムの調整をするのに調度良い工具が無く面倒くさい状況が続いていました。

6mmの六角レンチでハンドルバーを緩めた後、5mmの六角レンチでステム角度変更ボルトとステム角固定ボルトを緩めます。そうする事によってアジャスタブルステム角度を変えることが出来るのですが、アウターケーブルやステムを下げたときのヘッド&フォークと工具の干渉があり10分弱の時間がかかっていました。

まだ下げる時は晴れているので良いのですが、雨天の中、上げるときが面倒くさくてたまりませんでした^^;

そこで、上の画像の薄型ラチェットハンドルと各サイズソケット、各種ビットがセットになっている工具を購入しました。
P1070527
パッケージ写真です。値段は税込み798円でした。お買い得だと思います^^

裏面です。
P1070528
この値段でこの内容なら充分だと思います^^ 

持ち運ぶ際は5mm6角ビットだけあれば充分ですが、9mmソケットがあるので26インチ車の変速機(みんな大好きターニー^^)のケーブル交換や調整時などにも活躍してくれそうです^^

実際、使ってみましたがステムの角度調整は3分かかりませんでした!

これだけでも良い買い物をしたかもしれません^^ 安全のため、ボルトの本締めには別のレンチを使用しますがハンドルのサイズやラバー製のグリップで使い勝手も良い物でした。大満足です。

安価な工具のため大きなトルクが必要な場合はちゃんとしたレンチが一番ですが、1セットあったらとても便利だと思いました。おすすめです^^

ビットとソケットです。
P1070532
ソケットが5・6・7・8・9・10・11・12・13mmの9種類。ビットがプラスドライバー0・1・2番の3種類。マイナスドライバーが4・5・6mmの3種類。六角が2,5・3・4・5・6mmの5種類。充分ですね^^


購入した工具の話しがメインとなってしまいましたが、本当はダイソーテールランプの取り付けステーを探すためにホームセンター(島忠)に寄りました。ステーは購入しませんでしたが、こんな物も購入しました。
P1070533
30mmと35mmの長さのM5ステンレスキャップボルトです。

昨日の記事で取り付け位置の不安(後カゴに隠れてソーラー充電が充分働かないのではという)があったので、とりあえず外側に位置するように考察してみました。

手持ち在庫に内径6mm、長さ20mmのスペーサーがあるため、長いボルトを購入してみました(こんな感じでボルトやナット、ワッシャーの在庫が増えていきます^^)。組み合わせて車両の20mm外側にテールランプ位置を変更する予定です。

うまくいくかは分かりませんが、作業時にはまた書きたいと思います^^


本日はこのへんで終了です、それではまた^^/

メーカー違いですがamazonだともっと安いようです^^;

Powered by amaprop.net