こんにちは^^


最近、CSSやHTMLの勉強をはじめました^^ 過去記事を見直すと非常に見づらいのです^^; 行間を開けたり、文字の大きさや太さを変えてみましたがイマイチでした・・・。 試しに目次や囲み枠をを作ろうとしたら、これがまた難しい。老眼の目には厳しい試練です^^;
b7e0bec36c6246e87da3275435970a56_m


今日は軽くいきます。

私が経験した選挙で、政権交代が成功したの3回ありました。

1回目が平成5年、2回目が平成21年、3回目が平成24年です。

3回目を除き、自民党を野党連合が打ち破った選挙でした。しかし、政策面で一致してない事やリベラルとしての官僚への対応なので長くは続かず自民党政権にもどってしまいました。

今回の衆議院選挙で政界の渡り鳥こと小池さんが動いた事で、急に政権交代選挙の空気が出て来ました。

民進党の前原代表は政策無い選挙勝利のため、小池さんに立候補者を任せるという暴挙にでました。旧民主党から続く、民進党が得た政党助成金をキープするため、党は解党せずです。

TVマスコミや新聞などのメディアは降って湧いて出た政権交代チャンスに色めきだっています。どことは言いませんが某6チャンネルの番組では安倍総理の足を引っ張る、心の声がマイクに拾われて全国放送されてしまいしました。

自称リベラルの売国議員たちも、小池さんに切られる前に動き出したようです。名は出さないですが前科有り、生コン大好き辻元さんやしばき対から見放された有田さんや、亡命していたはずの小西さんや、プラカード芸人さん達です。名はだしません^^;

衆議院に鞍替えすると言っていた二重国籍で有名な村田さん(名は出しません)、私の田舎をヘリコプターに乗って破壊した、かいわれ好きの元総理、なぜか消費税増税で政権にさじを投げたプロレス好きな元総理(この人はまだ救える気がするが、旧民主党のにおいが濃過ぎる)達はどうするのですかね。

この辺を吸収しなければ小池さんの新党は与党にとって大いに脅威になると言えるでしょう。

過去2回の政権交代選挙に絡んだ小沢一郎氏の動きが、ちょっと気になりますが面白くなってきたのは事実です。

行政長としての仕事が出来ない(とわたしは思っている、小沢さんも同ジャンル)小池さんですが、選挙における嗅覚は、「逆襲のシャア」でのアムロ並みの戦闘力だと思っています(戦闘力を凌げるのは小泉父くらい、白髪のカミーユ)。父親が偉大な安倍さんはシャアかな^^; あれっ自民党やられちゃうじゃん^^;

とりあえず、選挙当日まで楽しみです。維新が伸びて欲しいという気持ちはありますが、今後の政局を見守って生きたいと思います。

それではまた^^/

Powered by amaprop.net