こんにちは^^


いきなり寒くなった^^; 薄手のタオルケットで寝ていましたが、早朝、寒くて目が覚めてしまいました。長男はまだ沖縄旅行中なのでうらやましいです^^

しかし、少し肌寒いくらいに衣服で調節すると自転車通勤は逆に快適になります^^ 汗ばむくらいが調度良い感じですね。惰性で熱くなった身体が冷却される感じもさらに気持ちよいです。

話しは変わって、最近ブログの事を色々と勉強しています。以前はただ書くだけでも大変でしたが、ちょっと余裕が出来たのでしょうか^^;

レイアウトも変更しました。理由は過去記事を見直してみると、がちゃがちゃと視覚的にうるさいと感じたからです。記事の内容が発信したい(伝えたい)ことなのに、気が散っちゃう感じがしたのでシンプルな方向に変更しました。

元々はママチャリの700C化した時に、なかなか情報を集めるのが難しかったので自分でまとめてみようと思ったのがブログ開始のきっかけです。その情報が伝わりにくくては意味無いですよね^^;

まだまだ勉強中なので突然レイアウトが変更しているときがありますが、その時は頭を抱えて悩んでいる途中と思ってご容赦をお願いいたします^^;

本日は、タイトルのとおり変速について考えた事を書いてみます^^
P1070173
画像は私のママチャリクロスことCROSS2000フロントディレイラーです。動作も軽く、レバーの操作も軽いので気に入っています^^

フロントと違ってリヤの変速は分かりやすいですよね^^ ペダルを踏むのが重くなったらシフトダウン、逆に軽くなったらシフトアップ。逆風時、坂道、加速時などフロントシングル車両は自然に変速できていると思います。

そこでフロントダブルやトリプルの変速タイミングです。まあトリプルギアのインナーの一番小さいギアは、坂道専用とするのが分かりやすいと思います^^

先に、自分自身の通常のフロント変速タイミングを書いておきます(正解だとは思ってないです)
まず、前提として基本はアウターを使っています^^

①走行するコースでの、走行速度を考慮してあらかじめインナーに落とす。
②川沿いのサイクリングロードで橋に接続する坂の手前、下り時にアウターに戻す(フロント変速のみ)。
③のんびりと商店街や公園を走行するときはインナー使用。

上記以外にもインナーへ変速する事もありますが、だいたいこんな感じです。
変速方法ですが、②を除いてフロント変速リヤ変速をほぼ同時におこなっています。ほぼというのは、若干リヤの変速の方が早めと言う意味です。先にリヤを2段シフトアップさせてフロントをインナーに落とすという感じです。

最初は逆の手順だったのですが、2回ほどクランク外側にチェーン落ちした事がありました。そのため現在のリヤから先に変速という手順に変えました。それからチェーン落ちした経験はないです。

問題なのは①の状況のときに、どのリヤギアで変速するかです。ちなみにママチャリクロスのスプロケットは12-25T8速です12-13-15-17-19-21-23-25T)。自分では特に決めていないのですが、19Tの4速時にフロント変速する事が多いです。フロントギアは50-34Tです。

変速効率とかで正解は求められるようなんですが、どうなんでしょう^^; 電動のDI2のオートモードとかだとベストタイミングでやってくれるようですが、そんな機材は触った事がない(この先も無いでしょう^^;)のでわかりません。

「ベストなタイミングはこうだよ」といったご意見があれば是非、教えてほしいです^^


P1070002
最後に、最近チェーンの長さに疑問をおぼえてきました。特に変速不調になったということではありません。当たり前のようにシマノのマニュアルどおり(アウタートップ時にガイド、テンション両プーリーが垂直位置状態)に設定していましたが、もうひとコマ足したり引いたりしたら、どう変化するか試してみたくなりました。

チェーンの長さを変えるのは、そんなに手間はかからないので近々試してみようと思います。その時はまた記事で紹介いたします。ほんと、自転車いじりって奥が深いというか面白いですね^^


本日はこの辺で終了です、それではまた^^/

Powered by amaprop.net