こんにちは^^


本日は、以前からお伝えしていた長男のビアンキロードのタイヤ交換と感想などを書いていきたいと思います^^

まずはタイヤとチューブの重量を計測してみます^^

P1070678
この状態でamazonから届きました^^
P1070679
このRE-FUSEには2種類のタイプがあります。今回、購入したのは「SILK WORM」のタイプです。
14_Maxxis_Tech_0205_35
このロゴが付いています。メーカーHPによると以下の内容です。
シルクワームテクノロジーは、タイヤのケーシングにMAXXIS独自の特別素材を組み合わせる技術です。この素材は耐パンク性能と引き裂き強度を向上させつつ、転がり抵抗の減少を実現させています。」

現在ママチャリクロスで使用しているのは「maxxprotect」のタイプです。同じくメーカーHPによると以下の通りです。
14_Maxxis_Tech_0205_50
「耐パンク素材であるMAXXPROTECTとは、トレッドとケーシングの間に挟みこんだポリファイバー素材のことです。モデルの用途に応じて厚さ0.9-1.5㎜で使い分け、耐パンク性能を最大限まで高めています。」
と厳密に言えば構造の違う製品になります。今回、購入した理由のひとつにタイプの違いによる、対パンク性能と走行フィーリングを経験してみたかったからです^^

ちなみに一番大きく違うのが重量で、黒色の23cだと前者が「230g」で後者が「295g」になります。

※マーク画像&製品データ説明文引用先はMAXXISのHPhttp://www.maxxis.jp/technology/http://www.maxxis.com/catalog/tire-256-re-fuseです


P1070680
パンクに強い!」これについては私の車両でも体験済みです^^
P1070681
裏面は英語表記でした。

以前の記事でも載せましたが計測結果です
P1070682
パッケージ込みで「250g」でした
P1070684
裸にすると「234g」でした。メーカーHPだと230gなので4g程重いですが誤差範囲ですね^^;

チューブです
P1070686
vittoria」の「ultraliteチューブ」です
P1070685
パッケージ込みで「110g」でした。中身は計測しませんでした。ググれば出てくるでしょう^^;

早速、交換してみます^^

現在の「ザフィーロ」です
P1070783
まだ使えそうなので、非常用予備にとっておく予定です^^
P1070784
ちゃちゃっと取り外します^^
P1070796
車体からホイールを外してエアを抜きます
P1070797
この状態からは指で外せます(要軍手)P1070798
在庫のリムテープで貼りなおしました^^
P1070800
RE-FUSE」を装着しました^^
P1070802
2気圧くらいエアを入れて全周を軽く揉んでやります。新品ゴムのよじれストレスを取ってあげます。バルブが真っ直ぐな状態で、手で触ると少し動くくらいが経験上ちょうど良い感じです^^
P1070801
エアは「7気圧」で試してみることにしました。バルブナットは指で軽く締めておきます。試運転後に空気圧は調整してみたいと思います。

前後タイヤの交換が終わりました^^
P1070804
P1070805
フレームに前後ホイールを装着して試運転に行って来ます^^
P1070806
いつもの試運転コースです^^
P1070809
往復で4キロほどの短距離でしたが、良いフィーリングでした^^

交換して乗ってみた感じです(あくまで短距離の感想です^^)

ザフィーロ」との比較です。

走行ノイズが静かになった。
ザフィーロは小さい「ザー音」がしていました。パターンの違いからかはわかりませんがとても静かになりました。
走行感が軽くなった^^
25Cから23Cに変わりましたがその事よりもザフィーロの「ねばっ」とした感じから軽い感じに変わりました。それでいて急制動を試したときもグリップの安心感があり、とても良い感じでした。

この後に長男にも乗って感想を聞きましたが、私と同意見でした。満足した様子です^^

後は「耐久性」「対パンク性」「雨天時のグリップ性能」などを使用しながら長男に試してもらいます。

というわけで大満足な結果となりました^^
P1070810
作業完了です^^ 長男のビアンキロードですが、ブレーキ、タイヤ、変速関連などひととおりのメンテナンスが終わりました。これでひと安心です^^ 私が乗ってもとても「楽しい自転車」になりました。軽く良くブレーキ気持ちよい変速フィーリング安心のタイヤが揃って「楽しい自転車」になります。皆さんも楽しんで「自転車生活」をおくりましょう^^ (ちょっとしたトラブルがありましたがおまけに書きます^^;)


本日はこのへんで終了です、それではまた^^/



この記事の続きはこちら 



おまけ その1

せっかく前後ホイールを外したので、フレーム下側の汚れを取り磨きました^^
P1070794
P1070795
ピカールで綺麗にしてあげました^^

タイヤも外したので、軽く「振れ取り」も行いました
01
タイラップを使って「振れ」をとりました。上は「縦振れ」をとっているところです。この後、タイラップの取り付け位置を変えて「横振れ」をとってあげました^^



おまけ その2 これが面倒くさかった^^;

試運転時に気付いたにですが、BB付近からクランクを回すたびに「カンカン」と異音がしていました。以前の記事でも書いた「スポークテンションの低減」と違った感じでした。こういう場合は
①シートポスト
②BBやクランク取り付け不良
③べダル

などの原因が思いつきましたが、この時点で空は薄暗くなってきたため一番時間がかかる②の作業をダッシュで行いました^^;
P1070811
P1070812
P1070813
急いでいたので、バリバリのピンボケ画像です^^; 作業途中の画像を残す余裕もありませんでした。クランクとBBの脱着清掃グリスアップと一通り作業しました。各部がめちゃめちゃ硬く締め付けられていました。きちんと取り付けて回転も軽くなりました^^


「結果は!」


試運転しても異音は消えませんでした orz。ペダルをグリスアップしたら消えました。そんなもんです。疲れましたがBBメンテ出来た良い機会だと思って自分を納得させました^^;

おわり

Powered by amaprop.net