こんにちは^^


「いやー、ブルホーンハンドルは気持ち良いですねぇ^^」しつこいですが、しばらく続くかもしれませんので先にお詫びしておきます^^;

本日はブレーキレバーとブレーキ本体の互換性などを考察してみたいと思います。

というのも、今回リヤを「Vブレーキ化」した事でフロント(前輪)とリヤ(後輪)の制動時のレバーの作動フィーリングに微妙な違いがあったためです。別に制動力が足りない(どちらかの効きが弱い)という話しでは有りません^^

前回の記事でも紹介しましたが、私が使用しているブレーキレバー「BL-2400」にはVブレーキとキャリパーブレーキの切り替えが出来ます。
01
キャリパーブレーキ」位置
01
Vブレーキ」位置です

ちょっと図にしてみました。
ブレーキレバーの引き量
下手な図で申し訳有りません^^; 

ブレーキレバーを「ギュッ」と限界まで握ってみた時の違いです

「キャリパーブレーキ」を引いてみた場合

「Vブレーキ位置」だとワイヤー引き量が多く制動力大
「キャリパー位置」だとワイヤー引き量が適正で標準的な効き(シマノ推奨状態)

「Vブレーキ」を引いてみた場合

「Vブレーキ位置」だとワイヤー引き量が適正で標準的な効き(シマノ推奨状態)
「キャリパー位置」だとワイヤー引き量が足りず制動力減少する

という事になります。よく「STIレバー」や「ギドネットレバー」などで「Vブレーキ」を引くと、引き量が足りなく「ショートアームVブレーキ」が必要になるのは上記内容のためですね。


それでは、「Vブレーキ」用のブレーキレバーでキャリパーブレーキを引けば制動力も上がるし良いのでは?
となりますが、そんなに簡単でもありません^^;

私も実験した事がありますが、「Vブレーキレバー」で「キャリパーブレーキ」を引くと
コントロール性が悪くなる。
レバーを握る「握力」がより必要になる。
というデメリットが出てくるのです。

これは「Vブレーキ」の方が「キャリパーブレーキ」より「てこの原理」をより強く使えているのが原因です。




ここまで話しを進めてきてなんですが、何故こんな事を考えたのには理由がありました。
P1060860
ブレーキレバー「BL-2400」にはアルミ製「自作エクステンション」が付けてあります。

上の画像の「フラットバー+バーエンドバー」の時は前回も書きましたが、急制動や下り坂の時はフラットバーポジションでブレーキを使用していました。
P1070940
で今回「ブルホーンハンドル」に変更した事で「縦握り」が常用ポジションとなり「自作エクステンション」の使用が標準状態となりました。

実は「エクステンション」を使うとより多くの「ブレーキレバー操作量」が必要になります。ブレーキシューとリムとの隙間も、通常より少なく微調整してあります。

となると上に挙げた
コントロール性が悪くなる。
レバーを握る「握力」がより必要になる。
という2点のデメリットを「相殺できるのではないか?」と疑問に思ったからです^^

というわけで時間が出来たときに以下の実験をしてみたいと思います。
フロントブレーキレバーを「Vブレーキ位置」に切り替えて
①「BR-5800」で試してみる
②「BR-5600」でも試してみる

なぜ2種類のキャリパーブレーキで比較実験してみるかは、正確な数値は調べられませんでしたが「BR5800」と「BR5600」ではワイヤーの引きに対する動作量が違うようなのです。今まで単純に世代間の性能差だろう思っていましたが違うみたいです^^;
01

ネットで調べると「BR5800」の方が125%効くとか、105コンポの「ST-5800」で「BR5600」を引くと「ST5600」比で60%しか引けないとかありました。

まあ、今の状態でも制動力自体は問題無しなので、遊んでみがてら実験してみる予定です^^


というわけで本日は終了です、それではまた^^/








Powered by amaprop.net