こんにちは^^


今日は寒かったですね、明日は冷え込みも落ち着きそうですが皆様、体調にお気をつけ下さい^^

本日こんなニュースを見ました。
「かじ」が壊れて日本に漂着したとの事ですが、北海道松前島にある小屋の備品全部を盗んで船に載せ込んだみたいです。発電機のエンジン部も2機ほど盗んだようです。

「あれっ、かじ壊れているんだよね?」「どうやって持ち帰るつもりだったの?」

と当たり前の疑問が抱いてきます。計画的だったのか、金目の物を見つけたら盗まずにいられない性分だったのか本当の理由はまだわかりません。でも、住民が居たらと思うと怖いですよね。拉致被害者の親族の方々のお気持ちをお察しいたします。

日本国憲法前文の一部を引用します
平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した。

決意改めましょうよ^^; 平和を愛する諸国民ってどこの国ですか? 島泥棒の国ですか?不可侵条約破る国ですか?サンゴ泥棒の国ですか?勝手に紛争地の首都認める国ですか?・・・。

なんてことを上記のニュースを見て思った私でございます^^;









というわけで今回は、「自分の身は自分で守る」ための記事です^^


前々回の記事でも少し紹介した、この商品が届いたので取り付けの模様を書いていきます。

amazon価格で173円でした。約2週間ほどで到着です。

こんな感じの包装です
P1080094
前回の「ライトマウント」よりしっかりとしてます。
P1080095
クッション材にロールされていました、ちょっぴり好印象です^^ 中身を取り出します
P1080096
amazonのレビューでブリスターパック入りの画像を見かけましたがビニール袋だけでした
P1080097
「ライトマウント」同様、レンチ付属でした(使わないんですけどね^^)

ミラーにはフィルムが貼ってあります
P1080098
少しだけ剥がしてみます
P1080099
うん綺麗で安心しました^^

というわけで早速取り付け作業に移ります。
P1080111
(ピンボケ)エンドキャップを外して、ミラーをエンド部に取り付けます
P1080112
結構、ボルトをまわして「臼部」を引っ張らないと固定できませんでした。22.2mmのハンドルでもこんな感じなので、太いドロップハンドルだと廃チューブ巻き付けや「臼部」の交換が必要になると思います。

(仮)固定出来ました
P1080113
ミラー部は360度、回転しますので駐輪時はミラーを横にした方が転倒時や壁などに接触時の破損トラブルを回避できるかもです。

ミラーを起こします
P1080115
保護フィルムを剥がしました
P1080116
ちゃんと私とデジカメが写っていますね^^

ここから走行してミラーの角度を調整して来ます
P1080121
こんな感じの角度に落ち着きました。

後方の写り方はこんな感じです(路肩に停車して撮影しました)
P1080118
遠くに、二つのライトが見えます
P1080119
1台通り過ぎ
P1080120
二台目も通り過ぎました。割と遠くても確認できるのは安心できます^^

というわけで完成です。
P1080117
横から撮影すると、そんなに目立たないですね^^

お勧め度 ☆☆☆☆★ 星4個です^^

走行中の振動による「ぶれ」も無くて、価格以上のしっかり感でした^^ 見た目は少々チープですが機能としては問題無く、コスパ高いです^^ あとは耐久性ですね。また長期使用レビューします。

2018年11月25日追記
1年間、使ってみての感想ですが耐久性に問題はありませんでした。ひとつ言えば角度調整を頻繁にすると固定しているボルトが緩んできてグラつきが出る場合がありました。まあボルトを締め直せば良いだけですので問題と言うほどではありませんが。

値段は少し高くなっているようですが、販売店違いで同製品が出ていますのでそちらでも良いかもと思います^^



本日はこのへんで終了です、それではまた^^/






Powered by amaprop.net