こんにちは^^


ふ~。なんとか今年実質最後の仕事をやり終えました^^; 残すは明日の大掃除だけです。ただし、仕事が残っている仲間も少々いるので出来るところは手伝って午前中にはかたを付けたいところです。早めにすませて最後は決まりの「蕎麦」で締めたいもんです^^
P1080198
チェーンリングの話しやタイヤなどの話しをしようと思ったのですが、今日は自転車ネタ抜きの雑談です。自転車ブログなのにすいません^^; 




よもや話① PCでニュースを見てたらこんな記事がありました
左翼の人たちは大騒ぎするんでしょうね^^ 社民党の福島瑞穂さんて歓喜の声をあげそうですね、自らが考案した「B52搭載型」も検討してほしいと^^;
01
画像引用先uncyclopedia

まあご本人は別の事件で大忙しなので、それどころではないのかもしれませんが
さすが人権派弁護士はやる事が違いますね^^;


「いずも」の空母改修案の件ですが、とりあえず「来年に改修についてを調べる予算をつけようか」って話しだそうですね。すぐF35Bを載せてどうのこうのって話しじゃないし、そもそもF35Bの購入計画は現在のところはありません。
F-35a
画像引用先wiki
ちなみに「F35」には3種類があります。
① F35A(空軍が使用 固定翼 基本仕様)
これが日本が購入予定のタイプです
② F35B(海兵隊が使用 垂直離着陸可)
滑走路の無い場所でも稼動できるので敵地に乗り込む海兵隊には最適なタイプ。ただし足(航続距離)が短くて日本みたいに海に囲まれて防衛目的には不向き
③ F35C(海軍が使用 空母にいっぱい載せるため折りたたみ翼)
いわゆる攻撃型運用空母専用タイプです

今回の「いずも」のニュースを見た多くの人が思い浮かぶのは③の空母攻撃型運用だと思います。この運用方法は実は大変なのです。メンテナンスのためローテーション配備をするため複数の空母を維持してかつ大勢の人や兵器を持たなければなりません。凄いお金がかかります^^;

実質運用できているのはアメリカ軍だけです。日本を含め他の国では無理でしょう。

ではなぜ「いずも」に航空機空母の能力を持たせようと検討するのか?ですが、おそらくですが「F35」を超高性能な移動式レーダーに出来ないかって感じだと思います。ステルス性能も抜群な「F35」なので敵に見つかることもなく敵の情報を「イージス」艦に送り潜水艦や対艦番長「F2」や潜水艦に送る事が出来るのです。

「とある島」に他国上陸された場合の想定
①いずも型空母、イージス艦、潜水艦の防御部隊出撃
②出撃したF35Bがこっそり策敵(偵察)
③相手の状況を把握したイージス艦が対空&対艦準備
④F2&F15J出撃 制空権と制海権を確保
⑤いずもから対潜ヘリ出撃&そうりゅう型潜水艦で相手の潜水艦対策も万全
⑥いずもから水陸両用強襲車AAV‐7が「とある島」を奪い返す


完璧な専守防衛ですね^^ 政府がそこまで決断できるかは?ですが・・・。

長くなりましたが私の言いたい事は「空母 」でも防衛的な運用は出来ますよって事です^^ 今回のニュースで騒ぎ出す事間違いない左翼の連中やマスコミの声を冷静に聞くためでもあります。


よもや話② 来年のホンダへの期待
793px-Honda_RA168E_engine_rear_Honda_Collection_Hall
画像引用先wiki ※画像は懐かしのホンダF1栄光期の1.5Lターボエンジンです。
やっぱり競技用の機械っていうのは機能美と塊感っていうか存在感がありますね^^

フジテレビがF1の地上波中継をやめた事と搭載エンジン「1.6Lターボ&ハイブリッド」のあまりにも情けないエキゾーストノートやさまざまな理由で、ここ数年はF1の興味が薄れていました。

まあF1やWRCやMotoGPなどのモータースポーツも大好きなのでニュースなどはチェックしているのですが、今年は久々に年初からホンダF1を応援観戦していました。理由はホンダが復活するかもと思ったからです。

しかし、実際の結果は大ゴケでした^^; 昨年より順位は下がりブービーでした。

ここから個人的な意見です。
本当に「マクラーレンと別れて良かった」
エンジンも悪いかもしれんがシャーシデザインも悪い!ロータリーエンジンでも積む気かよって狭さ。しかもホンダのせいにばっかりしやがって本当にむかつく!他のチームがウィング寝かせて勝負に行っているのに壁のように立てて安全策!アロンソもマイク外して文句言っていたよね。アロンソもアロンソで途中から「モアパワー!」ってずっと文句を言っていたけど最高速はルノー勢のマシンとはデータ見ると大差ないのです。それでもレッドブルは優秀なシャーシのおかげでトップ争いをしていたし、来年のマクラーレンがある意味で楽しみです^^;

レギュレーションもいい加減にしてくれ!って感じでした。エンジン壊れたら「予選グリッドダウン」予選やる意味がなくなるし第一面白くない!!!

ふーっ。まだまだ、たくさん言いたい事はありますがやめときます。来年の「トロロッソホンダ」の活躍を期待して、そして再来年「レッドブルホンダ」の実現を夢見て応援していきたいと思います。

ベルギーのスパフランコルシャンサーキットにある「オールージュ」というカーブ動画です

この動画を見ると各エンジン音の違いやF1の凄さがわかります。でもマツダ767の4ローターエンジンが一番、美しく感じるのは私が日本人だからですかね^^;


本日はこのへんで終了です、それではまた^^/



Powered by amaprop.net