こんにちは^^


本日の通勤で使用しているCRの様子です
P1080639
昨日の夜の時点でもこんな状況でしたが、道路中央部で自転車を走行するぶんには問題ないくらいになりました。細い道や歩道には雪がまだ残っていますが街道など太陽さんの頑張りもあり、1日でここまで回復しました。感謝感謝です^^

しかし、気温の方は風もあって寒かったです。冷蔵庫よろしく雪がさらに冷気を強めた感じで指先が痛くなりました。明日以降も寒いらしいので「なんか対策考えないとな」と考えています



さて本題です

コメントでもちょっと触れましたが昨日、父親の家から帰宅途中に前輪からの異音に気づきました。走行していると定期的に「チッ、チッ」という音でした。溝ありのタイヤで小石を噛んだ時のような音です。

自転車を止めてフロントタイヤを点検したところ、金属がタイヤにへばりついているのが見つかりました。その時点ではエア圧はそんなに下がっていませんでしたが、よせばいいのに金属を触ったら「シュー」っと一気に抜けてしまいました(おもわず笑ってしまいました^^;)

さいわいだったのは自宅まで残り1キロ位の場所まで来ていた事で、歩道に残った雪を避けながら自転車押して帰宅することとしました。

猛烈に足元が冷えましたが自宅までたどり着きました。さっそくタイヤを外して点検しました
P1080621
よく見ると結構大きめな金属製の異物でした
P1080622
ロングノーズプライヤーでタイヤから抜きました。金属製のインシュロックの切れ端?若干螺旋がかっているのでスプリング?正体は謎のままですが3mm弱の幅がありました

タイヤを見てみます
P1080623
けっこう大きい亀裂になっています。ちょっと不安になりました

裏側です
P1080624
裏側までは1mmに満たない穴が貫通していました。サイズ的にちょっと安心です^^

購入したばかりかつ生産終了しているタイヤなので使用を続けたいのですが、このままでは心配です。亀裂がタイヤの変形で大きく深くなったり、異物が侵入するおそれもあります。

「さて、どうしてくれようか?」と少し悩んだところ、車やオートバイなどのチューブレスタイヤのパンク修理方法を参考にして試してみる事としました。

とりあえずタイヤの裏に結束テープを2枚重ねて貼り付けました
P1080625
凹んでいる箇所が穴の位置ですね

「プラグ」じゃなくてにこいつを使用します
P1080627
なんのことはない瞬間接着剤です^^ 傷口を接着するのはもちろんですが、硬化した後に「芯」として残ってもらうのが本当の狙いというか目的です。結束テープはタイヤ裏側に瞬間接着剤が侵入しないようにするために貼りました。

というわけで亀裂を手で開いて瞬間接着剤を少し多めに流し込みました
P1080628
この状態でタイヤは一晩寝かせて、接着剤の硬化を待つこととします。ちなみに瞬間接着剤はパテとしても使えます。子供の頃、ラジコン整備やプラモ製作で学んだ知識でした^^

ついでにチューブもチェックしました。穴の位置がわかるようにマーキングしてあります
P1080629
チューブも問題なさそうなのでパッチを貼って補修します

穴周辺をヤスリで整えて
P1080631
ゴムのりを薄く塗ります
P1080632
ゴムのりが乾いたらパッチを貼ります
P1080633
銀色の裏紙をとってペタッ
P1080634
ドライバーの柄を使ってグリグリとやってフィルムをとります
P1080635
さらにグリグリとパッチを圧着させてミッション完了です^^

予備チューブもまだ2本ほどあるので交換しても良かったのですが、タイヤ修理で一晩寝かすことになったのでチューブは修理したこいつを使用することにしました。とりあえず作業は終わったので風呂や食事にすることとしました。



一晩、開けました(^^

今日も早めに起きて、部屋でタイヤとチューブをホイールに組み付けた後に車両に戻しました
P1080638
エアを入れる前にチェックしましたが、瞬間接着剤が硬化してきちんと修理プラグのような「芯」が出来上がっていました。これなら安心してタイヤを使えそうです^^
P1080637
エアを入れ直して漏れなど点検しましたが、問題ありませんでした^^


一時は「タイヤがアウトか!」と心配しましたが修理できて良かったです。たかがパンクなのですが、チューブ交換ならともかくタイヤが要交換になると恐ろしい破壊力です^^ 今年に入って2回目のパンクでしたが、2本ともタイヤ交換になったらおはらいに行かなきゃ駄目とか考えました^^

とりあえず、近所の神社に行き賽銭投げて手をあわせてきます。そうです神頼みです^^;


本日はこのへんで終了です、それではまた^^/



Powered by amaprop.net