こんにちは^^                    HG51-8 HG50-8 分解


本日は題名どおり「CS-HG51-8」の改造について書いて行きたいと思います^^

現在、ママチャリクロスこと「CROSS2000」には「CS-HG-50-8」12-25Tのスプロケットが取り付けられています
IMG_1270
「12-13-15-17-19-21-23-25」と7速から1速まで2Tずつ並ぶので、変速がとても気持ち良いスプロケットです^^

しかし、このスプロケットですがメッキがいまいちなんです^^; 上の画像も洗浄した後の状態なのですが金属感が弱くて色も黄土色な感じです。

もともと黄色みがかったニッケルメッキなのでしょうがないのですが、チェーンをHG93に変更してから更に黄土色感が気になっていました(あいかわらず動機が不純です)。

で、フロントチェーンリングを46T化したところで使うギヤが「12-13-15-17-19-21」を多用するようになり、下2段の「23-25」はあまり使うことは無くなりました。

じゃあ「CS-HG51」の「11-28T」にトップ12Tがあれば現在の使い方プラス登坂性能が上がるのではと思い、今回実験してみる事としました^^ とりあえず車両から外して洗浄しました
P1080654
洗濯用洗剤を70度のお湯でスプロケを10分ほど漬け込んで油分を溶かします
P1080655
洗濯洗剤をお湯で流した後に中性洗剤をつかってブラシで汚れを落としました
P1080656
ありゃりゃ^^; ピンぼけでわかりにくいですが綺麗になりました^^

ドライヤーで乾かしたあとKM-001を吹いてウエスで綺麗に拭き上げました
P1080657
水置換え性なので安心です。そのままだと錆が心配ですからね^^

左のHG50-8はトップ側の「12-13T」が別パーツで残りはリベットで固定されています。右のHG51-8はトップ「11T」以外はリベットで1体固定となっています

よく見るとHG51-8の上部をみるとリベットではなく樹脂のピン?3本があります
P1080665
13Tのギヤを手で力をくわえると簡単に取れました
P1080666
リベットが見えました
P1080667
リベット2本で固定されているようです
P1080669
このリベットを3mmのドリルでもんで固定を外します
P1080670
リベットを調度良い太さの釘とハンマーを使って抜きました
P1080671
分解完了、バラバラになりました^^
P1080672
ロー2枚は、別のリベットで固定されていましたが今回はバラしません
P1080673
せっかくギヤがバラバラになったので更にウエスで磨きました^^

HG50とHG51の13Tを比べてみます
P1080674
スペーサーもギヤも厚みは同じでした^^

ちなみにトップギヤのスペーサー部の厚みはHG50とHG51では違います
P1080678
HG51の「11T」ギヤのほうが厚いです。理由はというと・・・。
P1080677
7速「13T」ギヤ上部に溝があるためです。そのため単純にトップギヤだけ交換というわけにはいかないのです^^;

とりあえずホイールにスプロケを組んでいきます
P1080679
HG51の下6枚「15-17-19-21-24-28」をフリーに挿して

HG50の13Tを組みます
P1080680
続いてトップギヤ「12T」
P1080681
グリスを塗った後、ロックリングを手で締めて仮完成です
P1080682
SSTで本締めしました
P1080684
ギヤのガタもなく大丈夫そうです。無事完成ですね^^

さっそく車両にホイールを取り付けました
P1080690
後ろから見ても問題なさそうです^^
P1080689
変速調整を軽くして試運転しながら本格調整しました

というわけでミッションコンプリートです^^
P1080687
いつもの定点撮影です

試運転の結果ですが不安視していた13Tと15Tのつながりの悪さ(HG50とHG51の異種間からの)は感じられませんでした。なんでもやってみるもんですね、更に快適になりました^^

※不具合出たらいつでももとに戻しますが、そのときはご報告いたします。ちなみに何が起こるかは保証できないので試される方は自己責任でお願いします、あしからず^^


というわけで本日は終了です、それではまた^^/




シマノ CS-HG50 8S 12-25T 23579135 ICSHG508225
SHIMANO(シマノ) (2011-12-08)
売り上げランキング: 21,584





Powered by amaprop.net