こんにちは^^


世間ではいろいろなニュースがありましたが、私事で忙しく感想をコメントできるほど読み込んでいないので今日はやめときます^^


現在、シマノの日本のHPはアクセス出来なくなってしまいました。
http://bike.shimano.com/ja-JP/home.html(クリックしても駄目です^^;)

グーグルで検索してもグローバルページに飛ばされてしまいます
http://bike.shimano.com/

前回の記事を投稿した時点では日本のHPも見れたのですが、製品構成情報などもさらに変化があるかもしれませんね^^ 

8速構成の3種の神器であった下記の製品が廃盤になるのはちょっと痛いですね^^;
シフター     SL-M310
リヤディレイラー RD-M310
スプロケット   CS-HG51-8

特にHG51はクロームメッキ(白っぽい銀色)がとてもきれいなメッキだったので残念です




今回は以前に調べて下書きしていた記事をご紹介します(単純に時間がなくて新たなネタができなかったためです^^;

下は8速コンポーネント、クラリスのSTIです

(amazon価格11596円)

このSTIですが新発売したときに驚きました。それはなぜかというとシマノHPに「2x9SPEED」とあったからです^^
kura
※ちなみに現在もこの表記のままです^^;

で、実際のところはやっぱり8速のSTIでした^^

ちなみに9速コンポーネント(ソラ)STIのST-R3000です

(amazon価格16853円)

R2000(クラリス)とそっくりさんですね^^

そこで、いつものように良からぬことを考えてしまいました。
「改造したら9速化できんじゃね?」

結果から申しますと無理でした^^; 当たり前ですね、そもそも8速と9速ではスプロケットのギヤ間のピッチ(間隔)が違います。また、インデックスで1速分増やすとしたらラチェット機構を変更しないと駄目です。

一応、なにが違うのかシマノのサービスページで調べてみました(しつこい^^)
kura2
この画像はST-R3000のものですが、ST-R2000も同じものが使われています
ST-R2000 http://si.shimano.com/pdfs/ev/EV-ST-R2000-4162.pdf
ST-R3000 http://si.shimano.com/pdfs/ev/EV-ST-R3000-3975.pdf
ねっ同じでしょ^^

なんか怪しいんですよね^^ 画像中央の⑦番の(ブラケットユニットメカ)だけR3000のものに変更すればR2000の9速化が出来てしまうのではないかと^^

ちなみにスモールパーツとしての品番ですが
R3000が「Y05T98070」でR2000が「Y0CM98040」です

↑ちなみに「Y05T98070」はamazonで4026円でした

右レバー単体だとこちらです
amazonで8480円


初心者向けのロードバイクに付いているクラリスコンポーネントですが9速化を夢見るかた(いないかな^^) チャレンジしてはいかがですか?


本日はこれにて終了です、それではまた^^/ 




Powered by amaprop.net