こんにちは^^  今日はSL-M360シフターの修理の様子を書いていきます


昨日はお花見でした
DCIM0029
当たり前のように真っ昼間からお酒を飲めてとても幸せでした^^ 左側の芝生にはびっしりとブルーシートやレジャーシートがひかれて大宴会場になっていました。

以前はカラオケやバーベキューを楽しむ方もいましたが、流石に迷惑(騒音や煙)で現在は禁止となっています。純粋に桜を見て楽しむ人にも良い環境となりました。





さてと本題です


とりあえず、次男が使用している700C青ママチャリです
P1090323
おかしな箇所が分かりますかね? まぁ記事のタイトル見ればわかるか^^;

左シフターは3速を示しているのに
P1090325
実際はインナーギヤ
P1090326
そうです、フロント用の左シフターインジケーターが動かなくなっていました^^;

変速などは問題ないので気にしないという方法?もありますが、流石に気持ちが悪いので分解してみる事としました。


まずはグリップを外します。

今回は試しにこいつを使ってみます。
P1090328
パーツクリーナーです。今までグリップ外しに使った事はありませんので実験してみます
P1090327
グリップにすき間を開けてスプレーしました。結果はと言うとNGでした。乾くのが早いようでグリップをひねっていると逆に固くなってくるという感じでした^^;
P1060872
結局いつものようにダイソーのシリンジで水を注入してグリップを取り外しました。
P1090329
「スポン」っと取れました^^

次にブレーキレバーを外すためにインナーワイヤーを開放します
P1090331
タイコをずらしてインナーワイヤーを外し・・・
P1090332
ブレーキレバーを抜きました
P1090333
このレバーですが以前、ネジ山を壊してしまいました。そのためドリルで5mm穴を貫通させてボルトナットで固定するようにしています。
P1090334
上側はロックワッシャーを使用しています
P1090335
ボルトはM5のステンキャップです。

話は逸れてしまいましたが無事、問題の左シフターをハンドルから取ることが出来ました^^
P1090337
構造を調べていなかったので、とりあえず下側のカバーをはずしてみます
P1090339
残念ですがハズレのようです。インジケーターにアクセス出来ませんでした
P1090340
今度は上側のカバーを取り外してみます
P1090341
こっちが正解でした^^
P1090343
まあ普通に考えれば、すぐ分かりますよね^^;

ちなみにこのカバーを取り外した時に赤いインジケーターの部品は下に落ちてしまいました。画像はインジケーターを拾ってカバーに組み付けた後です。

この状態だと
P1090344
インジケーターは1速(インナーギヤ)を示しています。なんらかの不具合で3速表示固定になっていたようです。

インジケータ部のカバーを取り付けていきます。インジケータの出っ張りに本体側の溝(ガイド?)に引っ掛けてカバーを仮止めしてみました。
01
ハンドルにシフターを仮つけして変速してみます。

まずはミドルに
P1090347
アウターにも
P1090346
画像では途中で止まっているように見えますが、きちんと表示されるようになりました^^

少し左右のレバー位置も微調整して、復元完了しました。
P1090352
各部を増し締めして、試運転に行こうとすると娘に私も連れてけと言われました
01
近所の用水路にいる鴨に餌あげをしたいようでした^^

ということで、賞味期限切れの食パンを持って二人で出かける事になりました^^

散った桜の花びらの中、2羽の鴨がいました。待っていたのかな^^
P1090357
娘が鴨にパンを投げて与えている横でポジションやインジケータの確認をしました、問題なしです


というわけで今回のミッション完了です^^
P1090358
やっぱり動くものが正常に動かないのは気持ち悪いもんです。今回、直ってよかったです^^

原因については解りませんでしたが推測するにインジケーター針(赤いやつ)が溝から外れていたのでしょうね。なぜ外れたかも解りませんが・・・(^^;



本日はこのへんで終了です、それではまた^^)/



Powered by amaprop.net