こんにちは^^


前回はシマノ8速パーツを調べてみました。今回は9速パーツです。8速を使っていると9速化したいと思う方は多いのではないのでしょうか?「9速化はお勧めしない」と記事にした通り意見は変わりませんが9速の現状を確認してみます。
01
SL-M590、CS-HG400-9、RD-3500SS、CN-HG93な構成です。

カセットスプロケット


CS-HG50-9(ニッケルメッキ)

11-30T(11-12-14-16-18-20-23-26-30)bQ
12-25T(12-13-14-15-17-19-21-23-25)
13-25T(13-14-15-16-17-19-21-23-25)
14-25T(14-15-16-17-18-19-21-23-25)

CS-HG400-9(ニッケルメッキ)

ロード系(SORA)
11-25T(11-12-13-15-17-19-21-23-25)G

MTB系(ALIVIO)
11-28T(11-12-13-14-16-18-21-24-28)bq
11-32T(11-12-14-16-18-21-24-28-32)ar
11-34T(11-13-15-17-20-23-26-30-34)au
12-36T(12-14-16-18-21-24-28-32-36)bn

CS-HG201-9(ニッケルメッキ・トップギヤのみリン酸塩皮膜処理)

11-32T(11-13-15-17-19-21-24-28-32)bo
11-34T(11-13-15-17-20-23-26-30-34)bn
11-36T(11-13-15-17-20-23-26-30-36)bw

生産終了品

CS-6500

12-27T(12-13-14-15-17-19-21-24-25)


9速化の記事でも散々紹介しましたが、どれも中途半端感が否めないギヤ構成です。値段も高く(約6000円)流通少ないCS-6500がベターですがスプロケを消耗品と考えると?な感じです。意外とHG201-9の11-32Tのギヤ構成が光ります。やはり9速は8速からのアップグレードより、スタートグレードとしての方が有用かもと思います。

リヤディレイラー


RD-R3000-SS(SORA)

ロースプロケット 最大/最小  32T/25T
トップスプロケット
最大/最小  14T/11T
トータルキャパシティ      37T
最大フロント差         16T
プーリー歯数          11T
プーリーゲージ         SS


RD-R3000-GS(SORA)

ロースプロケット 最大/最小  34T/28T
トップスプロケット
最大/最小  14T/11T
トータルキャパシティ      43T
最大フロント差         20T
プーリー歯数          11T
プーリーゲージ         GS


RD-M4000(ALIVIO)
RD-M3000(ACERA)
RD-M2000(ALTUS)


ロースプロケット 最大/最小  36T/32T
トップスプロケット
最大/最小  12T/11T
トータルキャパシティ      45T
最大フロント差         22T
プーリー歯数          11T
プーリーゲージ         SGS

※シャドータイプ(シングルテンション)

RD-M370(ALTUS)

ロースプロケット 最大/最小  34T/28T
トップスプロケット
最大/最小  11T/11T
トータルキャパシティ      45T
最大フロント差         22T
プーリー歯数          11T
プーリーゲージ         SGS


生産終了品

RD-M591(DEORE)

ロースプロケット 最大/最小  34T/28T
トップスプロケット
最大/最小  12T/11T
トータルキャパシティ      45T
最大フロント差         22T
プーリー歯数          11T
プーリーゲージ         SGS


リヤディレイラーはRD-R3000SSでいいんじゃねって感じです。ロー25Tのスプロケを選択出来るし守備範囲が広くて良いと思います。ちなみにSSの方がGSより変速速度が速いという方もいますが体感できるほどの違いはありません。RD3500のSSとGSを比較しての感想です。M2000,M3000,M4000は仕様上はほぼ同じ。36Tなスプロケ使いたい人やシングルテンションを安価で試してみたい人向けかな。個人的には動かしてみたいです^^;

フロントディレイラー(バンドタイプのみ)


FD-R3000(SORA)

トップギヤ歯数        46-52T
トータルキャパシティ     16T
チェーンライン        43.5mm
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
ダウンスイングタイプ
フロント2速用

FD-R3030(SORA)

トップギヤ歯数        50T
トータルキャパシティ     20T
チェーンライン        45mm
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
ダウンスイングタイプ
フロント3速用

FD-M4020(ALIVIO)

トップギヤ歯数        36T
トータルキャパシティ     14T
チェーンライン        51.8mm(MTB用BBにスペーサー3mm使用時)
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
トップスイングタイプ
フロント2速用

FD-M4000 TS&DS(ALIVIO)

トップギヤ歯数        40T
トータルキャパシティ     18T
トップミドル最小キャパシティ 10T
チェーンライン        50mm
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
トップスイングタイプ(TS)
ダウンスイングタイプ(DS)
フロント3速用

FD-M3000(ACERA)

トップギヤ歯数        40T
トータルキャパシティ     18T
トップミドル最小キャパシティ 10T
チェーンライン        50mm
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
トップスイングタイプ
フロント3速用

FD-M2000 TS&DS(ALTUS)

トップギヤ歯数        40T
トータルキャパシティ     18T
トップミドル最小キャパシティ 10T
チェーンライン        50mm
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
トップスイングタイプ(TS)
ダウンスイングタイプ(DS)
フロント3速用

FD-M370(TS)&M371(DS)(ALTUS)

トップギヤ歯数        44/48T
トータルキャパシティ     22T
トップミドル最小キャパシティ 12T
チェーンライン        50mm
バンドサイズ    34.9mm(31.8、28.6はアダプター対応)
トップスイングタイプ(TS)
ダウンスイングタイプ(DS)
フロント3速用

ダウンスイングならR3000かR3030で決まりですね。トップスイングを選ぶとなるとFD-M370しかまともな選択肢はないようです。MTB用はどれもフロント40T用ですしね。9速でフロントディレイラーを選ぶのは本当に難しい、ぶっちゃけ8速用を流用したほうが良いと個人的には思います。
※きっちり調整できる方にはです。難しいことはありませんが自己責任で^^

シフター(除くブレーキレバー一体型&STI)


SL-R3000(SORA)

左2速/右9速
最大マルチシフト 3段
ラピッドファイヤープラス
2WAYリリース
上部インジケーター

SL-R3030(SORA)

左3速/右9速
最大マルチシフト 3段
ラピッドファイヤープラス
2WAYリリース
上部インジケーター

SL-M4000(ALIVIO)

左3速/右9速
最大マルチシフト 3段
ラピッドファイヤープラス
2WAYリリース
上部インジケーター

SL-M3000(ACERA)

左3速/右9速
最大マルチシフト 3段
ラピッドファイヤープラス
上部インジケーター

SL-M2000(ALTUS)

左3速/右9速
最大マルチシフト 3段
ラピッドファイヤープラス
下部インジケーター


ちなみにAmazonでの価格(右のみ)
SL-R3000 4318円
SL-M4000 2590円
SL-M3000 2340円
SL-M2000 1780円

はっきりと断言しましょう、SL-M2000で充分です^^ 2WAYリリース(シフトアップ時のレバーを前後両方向で操作できる機能)も便利ですが普通に使う分にはまずいらないです。左(前)はSL-M310、右(後)はSL-M2000の組み合わせが幸せになれると思います^^;


まとめと感想

クロスバイクの人気自転車の「GIOSミストラル」と「GAIANTエスケープ」。どちらも8速ですね、前者はHG31-8の11-32T、後者はHG41-8の11-32Tとスプロケットのギヤ構成は同じです(11-13-15-18-21-24-28-32T)。坂を登る分には良いかもしれませんがギヤの繋がりが悪いと思います。

そこで9速以上の多段化を考える方も多いのではないのでしょうか?。でも本日の記事にもある通り9速化では理想のギヤは見つからないと思います。

ならば、HG50-8、HG51-8の11-28TやHG41-8の11-34Tに変更して、軽量な9速チェーンを装着するほうが幸せになれると思います。トップ12TなHG50-8も気持ち良いです。

9速は先にも書いた通りスタートグレードとして選ぶのが良いと思います。例えばママチャリ700C化やボスフリー7速車のホイール交換時に8速ではなく9速にしちゃうのです。

どうせいつかは9速にしたいと思うのなら最初からというわけです。

シフター 
シマノ SL-M2000 右レバーのみ 9S ESLM2000RA
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 45,969
amazon価格1780円

スプロケ
シマノ CS-HG201 9S 11-32T135791482 ECSHG2019132
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 319,932
amazon価格2097円

リヤディレイラー
シマノ  リアディレーラー RD-R3000-SS 9S SORA(ソラ) ERDR3000SS
シマノ(SHIMANO)
売り上げランキング: 12,544
amazon価格2895円

ちなみに8速の3種の神器だった
SL-M310が1958円
CS-HG51-8(11-28T)が1691円
RD-M310が1827円

ね、あまり値段も変わりませんよね。

「9速は最初に選ぶのが幸せの近道、8速から9速化は意味少し」

超個人的意見ですが、私の結論とさせて頂き終わりにします。



本日はここらで終了です、それではまた^^)/