こんにちは^^


お知らせです。昨日アップしたこの記事ですが重大な間違いが見つかりました。肝心のミッシングの取り付ける向きが逆でした。リンクを張ったKinoさんへご挨拶したところ間違いを指摘していただきました。Kinoさんの記事は決して間違っておらず、全ては私の理解不足による勘違いでした。kinoさん及びに訂正前のこの記事をご覧になった方々にお詫びをさせて頂きます。すいませんでした。

という事で内容を修正の上、訂正とさせて頂きます。







先日の夜、ブログのトップページにある記事画像の中におかしな箇所かある事を気付きました。
ミッシングリンク01
自分のブログのスクショを張るのもなんなのですが、分かりますかね?


まあタイトルにも書いてあるので簡単かもしれないですが、見出し画像のミッシングリンクの取り付け向きが上下で違うのです。
ミッシングリンク07
下画像ではクランクチェーンリング上側に位置している時に「9S」という刻印が正しく見える状態です。上画像では逆になっています。


さて、どちらが正解なのでしょうか?


ミッシングリンクのパッケージ裏の説明書きを見てもクランクチェーンリングの上側なのか下側なのかは明確に説明されていませんでした。

下はKMCの本家HPの説明書きです。

ミッシングリンク03
URL http://www.kmcchain.com/en/technical.php
私の理解が出来る範囲では脱着方法の内容だけだと思います。上下位置の説明はありません。


次に調べたのは東京サンエス。近所の自転車屋でX8.99を東京サンエス経由で取り寄せてもらった事があったからです。しかし、こちらもミッシングリンクの取り付けに関する記述は見当たりませんでした。URL http://tsss.co.jp/web/


少し考えてみた後、「そうか、日本の代理店を調べれば良いかも」とネットで検索。調べてみたら「株式会社マジックワン」という会社が日本総代理店ということが分かりました^^

マジックワンさんのHPを調べていくとありました^^
ミッシングリンク04
URL http://mgc01.com/wp-content/uploads/2015/11/Maintenance-Guide-Japanese.pdf
正解はクランク下側で「9S」の刻印が正しく見える位置のようです。


しかし、kinoさんという方がブログ記事内で検証された結果では、逆方向の向きの方がミッシングリンクが外れる危険性が少なく安全性も高いと解説されていました。
kinoの自転車日記
URL https://blog.goo.ne.jp/kino55crazy55
ミッシングリンクの取付方向
URL https://blog.goo.ne.jp/kino55crazy55/e/4f68cfb634215577ea2b183dd2d072ea
くわしい理由と内容は、上にkinoさんのブログ記事のリンクを張りましたので(了承済みです)、見ていただければ、すっと腑に落ちると思います。


私も自分で確認してみました。
ミッシングリンク09
ミッシングリンクは前後からピンを縮める(ずらす)と取り外すことが出来ます。

走行中、スプロケの(外側にあるトップ側の小さな)ギヤとはピンが接触することはありません。
ミッシングリンク10
しかし、スプロケット内側の(外形の大きなロー)ギヤとは接触することがあります。
P1090752.01
この時にミッシングリンクのピンがスプロケギヤにひっかかる可能性がありますが、上画像の向きで取り付いていれば開く方向に力はかかっても、縮む(外れる)方向に力はかかりません。


同じ様にフロントをインナーからアウターに変速時にFDプレートとピンが接触します。
P1090754.02
こちらも上画像の向きならば外れることは無さそうです。


というわけで私はkinoさん方式を採用させていただく事とします^^
P1090755
クランクチェーンリング(チェーンステー)上側にミッシングリンクがある時に「9S」の刻印が正しく見える向きです。


やっぱり本物の自転車競技関係者の方は違いますね。経験に基づいた自分なりのやり方というのを検証建てた上で実践されています。残念ながら、私はまだまだ経験値も少ないので勉強と体験を続けたいと思ったのが今回の「ミッシングリンクの向き」の話しでした。



本日は快晴でした。半袖で充分なくらい暑かったです。
P1090748
ちょっと木陰でひと休みです。

夏の訪れも、もうちょいかな?と感じますが、その前に自転車にとって最悪のシーズン「梅雨の季節」が頼みもしないのにやって来るので防錆含めて対策と整備をやっていきたいと思います^^



本日はここらで終了です、それではまた^^)/


Powered by amaprop.net